2006年03月13日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その1

今回は、ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップを購入しました。

iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

先日、ダルボ エルダーフラワー・シロップの購入レポートをご紹介しましたが、自分の中では割と好評だったので、今回違うシロップを試してみようと思ったのです。

チロリアンアップルとブルベリーのどちらにしようか迷ったのですが、ブルベリーは何となく味が想像できたので、チロリアンアップルにしてみました。

チロリアンアップルのご紹介

世界屈指のリンゴ生産地帯、イタリア南チロル地方で栽培されたリンゴを秘伝のレシピでシロップにしています。

もちろん、作っているのは、オーストリアを代表する自然食品メーカーであるダルボ社です。
100年以上の伝統を持ち、世界中の一流ホテルでも広く使用されていることから、その品質の高さがわかります。


チロリアンアップル・フルーツシロップの最大の特徴は、味に特徴のある3種類のリンゴをブレンドしていることです。

その3種類のリンゴとは、

  • ローマビューティ:日本の紅玉に似ていてやや酸っぱめ。日本ではほとんど栽培されていない。
  • ジョナゴールド:日本でもおなじみのリンゴ、フジより大きめで甘くてジューシー。
  • ゴールデンデリシャス:黄色っぽい色。濃厚な甘さで実はやわらかめ。

です。

天然の甘さだけ、合成香料・着色料・保存料は一切不使用です。
リンゴの濃縮果汁が、原材料のなんと51%を占めます。


次回は、チロリアンアップル・フルーツシロップの写真入り報告をご紹介します。

投稿者 mika

2006年03月19日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その2

まず、ケースです。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル裏面

結構綺麗なケースに、丁寧に梱包されています。


箱から出してみると、これまた厳重に梱包されていました。

チロリアンアップル正面を箱から出す
チロリアンアップル正面を箱から出す


どうです?
この堂々たる姿(笑)。
色々なラベルも貼られていて、ものすごく重厚な感じがします。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル正面


で、一番印象に残っているのが、この色。

チロリアンアップルの色
チロリアンアップルの色

とにかく綺麗な色です。

すごく濃厚そうなんですが、色が透き通っているんです。
もう、試飲したくてたまりません・・・。


と、いうことで試飲レポートです。

まず、チロリアンアップルの原液を確認。

チロリアンアップル原液
チロリアンアップル原液


チロリアンアップルの原液は、あまーい香りでいっぱいです。
しかも、リンゴの酸味とでも言うのでしょうか。
単に甘いというだけでもないです。

ちなみに、原液をそのままペロッとなめてみると、まさしく"リンゴの砂糖付け"って感じです。
甘いモノ好きな人にお勧めです。



この原液を炭酸水で割ってみました。

チロリアンアップルを炭酸水で割る
チロリアンアップルを炭酸水で割る

原液があまりに甘かったので、

「炭酸水で割っても甘さがしつこくないかな?」

と思っていたのですが、炭酸水で割ると激変します。


確かに甘さはありますが、しつこくなくて、後味爽やかです。
何杯でもいけますので、危うく飲み過ぎるところでした・・・。

この前購入した、ダルボ エルダーフラワー・シロップよりも飲みやすく万人受けすること間違いなしです。


南チロル地方のリンゴを秘伝のレシピでシロップに
iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

投稿者 mika