2006年02月21日

甜茶とは?

最近、花粉症対策として
甜茶が良く効く
と言われます。

私も花粉症持ちですので、今回、甜茶について少し調べてみました。

甜茶って何?

甜茶の「甜」という文字の意味は、中国語で甘いという意味です。
つまり、甜茶とは中国で言う甘いお茶の総称のこと。

ちなみに、現在中国で飲まれている甜茶は、

  • アカネ科の牛白藤(ぎゆうはくとう)
  • ブナ科の多穂柯(たすいか)
  • ユキノシタ科臘蓮繍球(ろうれんしゆうきゆう)
  • バラ科キイチゴ属の甜茶懸鈎子(てんちやけんこうし)

の4種類です。

この中で、日本で人気のある甜茶は、甜茶縣鈎子(てんちやけんこうし)だそうです。

中国では古くから旧正月などのおめでたい時に一年の幸福を願って飲まれ、のどの痛み・咳止め・解熱にも効果があるとされているのですが、日本で甜茶がこれだけ話題となった最大の理由は、

「ヒスタミンの活性化を防ぐ」=「花粉症の症状を和らげる」

という効果があるからではないでしょうか。

花粉症の原理

そもそも花粉症とは、花粉が体に進入することによって起こるアレルギー反応の一種です。

体の中に花粉が入ると、花粉を外敵だと思った体がその花粉に対抗するために、抗体を作り出します。

体内に抗体ができるのなら、花粉に強くなるのでは?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

問題は、この抗体がヒスタミンという化学物質を放出することにあります。

このヒスタミンが体内でアレルギー症状を引き起こし、くしゃみや鼻水が止まらなくなることから、花粉症となるのです

甜茶ポリフェノールが有効成分

甜茶には、タンニンの一種である甜茶ポリフェノールや各種アミノ酸・ミネラルが豊富に含まれています。

この甜茶ポリフェノールこそが、ヒスタミンの分泌を抑制する働きを持っている成分です。その効果は、日本アレルギー学会などでも発表されています。
一般的な抗アレルギー剤やヒスタミン剤などは副作用が心配されますが、甜茶には副作用は認められていませんので、安心です。

ここで注意しておきたいのは、甜茶にも色々あるということです。

安くていかにも怪しい甜茶は、色々な茶葉がブレンドされていることもあるようです。
つまり、甜茶の成分が少なくなっていますので、花粉症対策としては効果が期待できません。

安いモノはそれなりということでしょうか。
ただ、安いから悪いという訳ではなく、安心できるメーカーが大量に生産販売している結果、安くなっている場合もありますので、見極めが大切だということです。

甜茶ポリフェノールの含有量表示があれば、言うことはありません。

甜茶を摂取する時期は?

次に気になるのが、甜茶を摂取する時期です。

各個人の症状によって違いますが、一般的には、花粉が飛ぶ2週間~1ヶ月前から飲み始めると効果的だと言われます。

もちろん、症状が出始めてから飲んでもすぐに効果は期待できませんが、数日で症状が緩和するという効果が出る方もいるようです。

もちろん、大量に摂取すれば良いというものでもありませんので、定められた量を摂取し続けることが大切です。

DHCの甜茶サプリメント

DHCの「甜茶」は、すぐれた働きをするバラ科の甜茶のエキスに、シソ油、イチョウ葉エキスを配合したサプリメントです。

DHC甜茶サプリメントの成分

甜茶ポリフェノール、ルプソシド、カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラル

DHC甜茶サプリメントの効果

下記の効果が期待できます。

  • 抗炎症作用と抗アレルギー作用で花粉症やアトピー性皮膚炎に有効
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまり・嗅覚異常・目のかゆみ・涙目などの症状緩和

私も、今年は点媚薬ではなく、甜茶サプリメントで体内から花粉対策をするつもりです。
(近々購入予定ですので、レポートします。)

季節の変わり目に花粉対策として
iconicon
甜茶(てんちゃ) 30日分(パウチ入) icon

投稿者 mika