2005年12月02日

購入レポート -DHCオリーブバスミルク(みかん)詰め替え用-

今回は入浴剤の「DHCオリーブバスミルク(みかん)詰め替え用」購入レポートです。

DHCの入浴剤にはたくさんの種類があるのですが、今回は「DHCオリーブバスミルク(みかん)詰め替え用 icon」を購入しました。

dhcbath01.jpg

ちなみに今回購入したのは2種類目で、一番最初は「DHCオリーブバスミルク(森林)」を購入しています。

dhcbath02.jpg

求めていた入浴剤に巡り会えた「DHCオリーブバスミルク」シリーズ

もともと肌が弱く、この寒い季節では肌が乾燥しっぱなしですので、入浴剤は色々試行錯誤した経験があります。

一般的に有名な入浴剤から、1袋100円ぐらいで1回こっきり使用の不思議な入浴剤まで、数十種類は試しました。牛乳、アロエ、金粉、とうがらし(肌には良くないと思いましたが・・・)等、数え始めるとキリがありません。

入浴剤は各個人によって、合う合わないがあり、
「この入浴剤が良い!」
とは、一概には言えないと思います。
事実私にとってはなかなか良い物に巡りあえませんでした。

そんな中で、私がお勧めするのが「DHCオリーブバスミルク」シリーズです。
入浴剤の成分としては、高品質オリーブバージンオイルが主成分ですので、このバージンオイルが保湿効果、香り、肌へのやさしさに効果があるのだと思います。お風呂上がりにも潤いが保たれて、乾燥しにくいというのが率直な感想です。

また、私は極端な冷え性なのですが、「DHCオリーブバスミルク」シリーズはものすごく、保温効果が高くて、体の芯から温まります。私の肌にはピッタリ合った入浴剤は、この「DHCオリーブバスミルク」シリーズが初めてでした。

特に保温効果に驚きを感じました。
今まで入浴していたお湯の温度も、
「温度が1、2℃高く沸かしたかな?」
と思った程です。
これから寒くなる季節柄、手が離せなくなってしまいました。

写真で見る「DHCオリーブバスミルク(みかん)」

今回購入したの温州みかん入浴剤は下の写真のように、まさしくみかん色です。
(詰め替えタイプを購入したので、ボトルは前回の森林タイプを再使用。)

dhcbath03.jpg

でも、お湯の中に入れるとフワーッと白く広がります。

dhcbath04.jpg
DHCオリーブバスミルク(みかん)を入れる前

dhcbath05.jpg
DHCオリーブバスミルク(みかん)を入れた後

「なぜお湯に混ぜると、色が白くなるの?」
と思いながら、
"、皮膚をやさしく包んでシルクのような素肌に導きます"
というDHCの宣伝文句になるほどと納得。

匂いは、さわやかな酸味と甘味のあるみかんの香りです。さすがにこの匂いを嫌いな人はいないと思います。ちょっと贅沢な雰囲気に浸りながら、毎日の入浴を楽しんでいます。

値段の分だけ温まる?

入浴剤としては、

  • 360mLの詰め替えタイプだと\1,680 (税込)
  • 400mLのボトルタイプだと\2,310 (税込)

と、ちょっと割高と感じる方もおられるかもしれません。

私の場合は特に肌が乾燥し、湯冷めしやすい10月~4月の寒い間だけ使用しています。

ちなみに、1回の使用量が20mlで、
360ml÷20ml=18日分
1,680円÷18日=約93.3円/回
程度です。

また、保温効果が高いので、お風呂の温度もそれ程上げる必要がなく、ガス代を節約できることを考えれば高いこともないと思います。

一時期、お得な激安入浴剤を使っていた時もありましたが、、安い入浴剤は安いなりの効果でしかないと実感したのも、この「DHCオリーブバスミルク」シリーズのおかげです。

DHCオリーブバスミルク製品一覧

オリーブの恵みたっぷりのバスミルクで、くつろぎのバスタイム♪

iconicon
DHCオリーブバスミルク(みかん)詰め替え用 icon

投稿者 mika