2005年07月16日

カルニチンとは?

カルニチンとは、人体に含まれているアミノ酸のひとつで、エネルギー代謝に深く関係している物質です。体内へ取り入れられた脂肪やブドウ糖は、ミトコンドリアという細胞内で燃焼してエネルギーに変化させています。その脂肪やブドウ糖の運搬役をしているのがカルニチンであり、脂肪を燃焼してくれる効果が期待できるのです。

●脂肪を燃やしてくれる!

例えばスポーツをしたり、散歩をする場合にも、体内にカルニチンが多くある方がその効果は高くなります。しかも、疲れの原因である乳酸を貯めない働きもあることがわかっているので、運動してても疲れにくくなるという利点もあります。

このことから、ダイエットに定番のサプリとして人気が高く、またスポーツを楽しむ方にも効果的です。

●年齢とともに減っていくカルニチン

カルニチンの量が十分だと、脂肪がエネルギーに変わりやすいので太りにくいと言えます。また、余分なコレステロールの増加を防ぐ働きもあるそうです。

このカルニチンは脂肪と同様、もともと体内にあるものなのですが、20代をピークに減少してしまいます。つまり、食事で取った糖や脂肪が燃焼されにくくなり、中年太りの原因となることが多いのです。

●効率的な摂取方法

食事で摂取することも可能ですが、大量の食事となってしまい、しかも毎日と考えると現実的ではありません。そこでサプリメントとしての摂取が人気となっているのです。

更に付け加えておきますと、糖の燃焼に働きかけるαリポ酸との併用が、脂肪と糖の燃焼による相乗効果により効果が高まることが立証されています。

カルニチンはこんな方におすすめです!

  • 太りにくい体質を作りたい方
  • スポーツを良く楽しむ方
  • 中年太り対策をしておきたい方

DHCで購入できるカルニチン

iconicon
カルニチン 30日分(パウチ入) icon

脂肪分対策をサポート 1,932円(税込)

投稿者 mika