« サニタリーショーツ・ボクサータイプ | メイン | 国産十穀粥(じゅっこくがゆ)購入レポート その2 »

2006年08月20日

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)購入レポート その1

今回ご紹介するのは、国産十穀粥(じゅっこくがゆ)です。

icon
icon
国産十穀粥(じゅっこくがゆ)
icon

授乳中の夜食に・・・

私には二人の子どもがいるのですが、
二人とも母乳で育てました。
母乳は赤ちゃんの栄養源で、赤ちゃんが生まれてすぐから
食事のみで全栄養が摂取できるようになる頃(1歳前後)まで
飲み続けるものです。

その母乳が作られるのは、もちろん、お母さんの体内です。
だから、母乳をあげているお母さんは、
自分の栄養と母乳用の栄養が必要になるので、
とってもお腹が空くのです。

でも、母乳は赤ちゃんに直接影響を及ぼすものだから、
それを作るお母さんの食べ物にも気を付けないといけません。

できるだけ体に害を及ぼすもの(食品添加物など)が入っていない。
そして、栄養価は高くても、あまり太らないものの方が
お母さんも嬉しいはず。

そこで目に留まったのが、DHCの国産十穀粥(じゅっこくがゆ)です。
  ・化学調味料は不使用
  ・食物繊維やビタミン、ミネラルをしっかりとれる
  ・94キロカロリーという低カロリー
と言う商品説明に、「授乳中の夜食は、これしかない!!
と思ったのが購入のきっかけでした。


外観チェック

Img0466.gif

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)袋正面

内容量は200gで、常温で保存できるレトルトパウチ入りです。
底にマチがあるので、立てられます。

袋表面には、「十種の雑穀に、大地の恵みがぎっしり・・・」
「国産雑穀100%使用」の文字と、
使われている十穀の名前と写真が載っています。


Img0467.gif

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)袋裏面

裏面には、商品の説明と食べ方(温め方)が書いてあります。
その下には、温めなくてもおいしく食べられる、とも書いてあります。
でも、やっぱりお粥は熱い方がおいしいと思ったので、
今回は温めて食べます。


次回は中身チェックと試食です。


投稿者 mika : 2006年08月20日 23:32

コメント