« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月19日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その2

まず、ケースです。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル裏面

結構綺麗なケースに、丁寧に梱包されています。


箱から出してみると、これまた厳重に梱包されていました。

チロリアンアップル正面を箱から出す
チロリアンアップル正面を箱から出す


どうです?
この堂々たる姿(笑)。
色々なラベルも貼られていて、ものすごく重厚な感じがします。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル正面


で、一番印象に残っているのが、この色。

チロリアンアップルの色
チロリアンアップルの色

とにかく綺麗な色です。

すごく濃厚そうなんですが、色が透き通っているんです。
もう、試飲したくてたまりません・・・。


と、いうことで試飲レポートです。

まず、チロリアンアップルの原液を確認。

チロリアンアップル原液
チロリアンアップル原液


チロリアンアップルの原液は、あまーい香りでいっぱいです。
しかも、リンゴの酸味とでも言うのでしょうか。
単に甘いというだけでもないです。

ちなみに、原液をそのままペロッとなめてみると、まさしく"リンゴの砂糖付け"って感じです。
甘いモノ好きな人にお勧めです。



この原液を炭酸水で割ってみました。

チロリアンアップルを炭酸水で割る
チロリアンアップルを炭酸水で割る

原液があまりに甘かったので、

「炭酸水で割っても甘さがしつこくないかな?」

と思っていたのですが、炭酸水で割ると激変します。


確かに甘さはありますが、しつこくなくて、後味爽やかです。
何杯でもいけますので、危うく飲み過ぎるところでした・・・。

この前購入した、ダルボ エルダーフラワー・シロップよりも飲みやすく万人受けすること間違いなしです。


南チロル地方のリンゴを秘伝のレシピでシロップに
iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

2006年03月13日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その1

今回は、ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップを購入しました。

iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

先日、ダルボ エルダーフラワー・シロップの購入レポートをご紹介しましたが、自分の中では割と好評だったので、今回違うシロップを試してみようと思ったのです。

チロリアンアップルとブルベリーのどちらにしようか迷ったのですが、ブルベリーは何となく味が想像できたので、チロリアンアップルにしてみました。

チロリアンアップルのご紹介

世界屈指のリンゴ生産地帯、イタリア南チロル地方で栽培されたリンゴを秘伝のレシピでシロップにしています。

もちろん、作っているのは、オーストリアを代表する自然食品メーカーであるダルボ社です。
100年以上の伝統を持ち、世界中の一流ホテルでも広く使用されていることから、その品質の高さがわかります。


チロリアンアップル・フルーツシロップの最大の特徴は、味に特徴のある3種類のリンゴをブレンドしていることです。

その3種類のリンゴとは、

です。

天然の甘さだけ、合成香料・着色料・保存料は一切不使用です。
リンゴの濃縮果汁が、原材料のなんと51%を占めます。


次回は、チロリアンアップル・フルーツシロップの写真入り報告をご紹介します。

2006年03月11日

「DHCアルファAホワイトマスク」購入レポート その2

DHCアルファAホワイトマスクの使い方

使い方は至って簡単です。

以上です。

ちなみに、はがした後のマスクには美容液がまだ残っていますので、首周りや手・足などに塗って、少しも無駄のないように心がけています。

また、「化粧水以外のケアをする」についてですが、私はDHC Q10ローション iconDHC Q10ミルク iconを使っています。さらに、DHC濃縮アルファアルブチンパウダー iconも併用しています。
(使用レポートについては、TOPページ右端のカテゴリから見て頂くことができます。)

以下、怒濤!の写真レポートです。

おでこ部
おでこ部

ほっぺ部
ほっぺ部

目元部
目元部

鼻部
鼻部

DHCアルファAホワイトマスク使用の感想

シート全体にたっぷり美容液が含まれていますので、ピタッと顔に張り付きます。

最初は、
美容液、多すぎるんじゃないの?
と思った程でしたが、使ってみると案外この位が丁度良いのかもしれません。

ひんやりして気持ちいいので、風呂上がりにも最適です。


パックシートだけあって、使い終わった後の保湿感がものすごく高いのが特徴です。
だからと言ってベタッとせず、さらっとした感触は驚きです。

もちろん、毎日の化粧水後の肌感覚とは全く違います。

使用する頻度は?

DHCによると、週1回程度と書いてあったのですが、気になる箇所があれば、集中ケアとして毎日使ってもOKです。

ちなみに、私は2週間に1回程度の目安で使用しています。
5枚で1,000円ですので、我が家の家計上、毎日することはできません(^ ^;)。

そろそろ、今使っているアルファAホワイトマスクが無くなりそうですので、今度は近頃気になっている「DHC Q10パックシート icon」を購入してみたいと思います。

DHCのアルファAホワイトマスク紹介

アルファ・アルブチンたっぷりで透明感のある肌に導くシートマスク

iconicon
DHCアルファAホワイトマスク icon

2006年03月10日

「DHCアルファAホワイトマスク」購入レポート その1

今回の使用レポートは、「DHCアルファAホワイトマスク」です。

iconicon
DHCアルファAホワイトマスク icon

アルファ・アルブチン配合のローション美容液をたっぷり染みこませたシート状のパックです。
フィット感が高いコットンシートなので、アルファ・アルブチンの成分が肌のすみずみまで浸透します。


週1回のスペシャルケアにお勧め

以前ご紹介しましたとおり、アルファ・アルブチンのパウダーは以前から使用していました

ただ、どうしても冬は乾燥しがちですので、さらなる肌の手入れをしておく必要性を感じています。


そこで、今回購入したのが、保湿効果が高いとされるシート状パックです。


DHCアルファAホワイトマスク ケース表
DHCアルファAホワイトマスク ケース表

DHCアルファAホワイトマスク ケース裏
DHCアルファAホワイトマスク ケース裏

DHCアルファAホワイトマスク
DHCアルファAホワイトマスク


中身は、こんな形のシートになっています。

DHCアルファAホワイトマスクの中身
DHCアルファAホワイトマスクの中身

始めは、 「単純に折れ曲がってるだけかな?」
なんて考えていたのですが、そうではないようです。

そのため、
これ、どうやって使うの?
と、しばらく悩みました。
(説明を初めに読んでおくべきでした。


よーく見てみますと、両端に何かしら引っ張れる突起部分があります。


これを引っ張ってみますと・・・。



DHCアルファAホワイトマスクの両端
DHCアルファAホワイトマスクの両端


DHCアルファAホワイトマスクを左右に引っ張る
DHCアルファAホワイトマスクを左右に引っ張る

さらに引っ張ると・・・、



DHCアルファAホワイトマスクをさらに引っ張る
DHCアルファAホワイトマスクをさらに引っ張る

こんな感じで広がります。

キャンプに行って、ビニール風呂敷を広げるような感覚です。
(すみません、頭悪いです・・・)

すると、見たことのある顔パックシートになりました。

DHCアルファAホワイトマスク完成
DHCアルファAホワイトマスク完成

DHCアルファAホワイトマスクの使用レポートは、さらに続きます!

2006年03月09日

ヒアルロン酸(ヒアルロンサン)とは?

ヒアルロン酸(ヒアルロンサン)とは、保水性や弾力性を必要とする箇所に不可欠な、ムコ多糖類の一種で、関節や内臓、皮膚、眼球、へその緒といった私たちの体内に、もともと存在している成分です。

(なぜ、ヒアルロンサンとすべてカタカナで書いているかと言いますと、DHCのサプリメント名では、「ヒアルロン酸」ではなく「、ヒアルロンサン」になっているからです。)


ムコ多糖類とは?

ムコ多糖類とは、細胞と細胞をつないでいる多糖類の総称のこと。

効能としては、

などが挙げられ、鮫の軟骨から抽出されたモノが、サプリメントの原料となることが多い。


話は戻りますが、肌の保湿力を高めるには、ヒアルロン酸(ヒアルロンサン)が良いと言われています。

それは何故かと言いますと、

ヒアルロン酸には、わずか1gで6リットルという保水力がある

からです。

つまり、肌に潤いやハリを保つ働きが大きいと考えられているのです。

ヒアルロン酸は年齢と共に減少する

大人と子供の体内にあるヒアルロン酸の量を比較してみますと、大人は子供の25%~50%ほどしかありません。しかも、年齢が上がるにつれて徐々に減ってしまいます。

ヒアルロン酸が減ってしまいますと、水分維持ができません。
すると、お肌のハリやみずみずしさが失われ、肌のシワやたるみが目立ち始めます。

そのためにも、ヒアルロン酸を維持することが必要になるのです。
(私も、維持しなければいけない切迫感を感じます・・・。)

ヒアルロン酸はプチ整形にも・・・

上記でご説明したとおり、ヒアルロン酸には、お肌のハリやみずみずしさを保つ役割があります。

そのため、ヒアルロン酸をシワの気になる部分に直接注入する、整形手術も行われているそうです。

ですが、できれば外科的ではなく、体内からハリを保っていけるように頑張りたいと思います。(私は怖くて、できません)

DHCのヒアルロンサン

乾燥シーズンもしっとり
iconicon
ヒアルロンサン 30日分(パウチ入) icon

1粒に、ヒアルロン酸30mg、フィッシュコラーゲン30mg入り。
1日2粒、30日分で1,533円(税込)です。

2006年03月08日

花粉対策サプリセット 購入レポート その6

花粉症の症状は改善された?

サプリメントは医薬品ではありませんので、改善効果には個人差があります。

そのため、いかにも怪しい広告のように、
「花粉症に効きます!」
とは言えません。
(薬事法による広告制約もありますが。)

このことからも、私個人の見解でお話ししておきます。

サプリを取り始めて

私は、この花粉症サプリメントセットを先月購入して、現在も飲み続けています。

私の花粉症のピークは、スギ花粉症ではなく、イネ科の花粉症なので、これから酷くなります。

そのため、毎年この時期の症状は、比較的軽度で、少し鼻がグズついたり、目がかゆくなる程度です。

ところが、今年に関しては、現在のところ、その症状が殆どありません。
断っておきますが、100%症状がないというわけではなく、若干はあります。

しかし、例年に比べて、確かに花粉症の症状が軽減されているように感じています。

「個人的な思いこみじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私個人としては、効果を実感しています。
(基本的に効果が感じられるのは、摂取し始めてから数週間かかります。)

医薬品のように、症状が劇的に変わるものではないかもしれませんが、花粉症にお悩みの方は一度試されてみてはいかかでしょうか?

サプリメントはあくまで補助食品

付け加えておきますが、ただ単に、サプリメントを摂れば良いというものではありません。

その前に、規則正しい生活と、栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠時間を確保して、アレルギーに強い体を作る努力をすることが、一番大切なことです。

その補助的な対策として、DHCの花粉対策サプリセット2006をお勧めします。


iconicon
花粉対策サプリセット2006 icon

2006年03月07日

花粉対策サプリセット 購入レポート その5

シソの実油サプリメントを確認

次に、シソの実油の袋を見てみます。

シソの実油の袋(裏)
シソの実油の袋(裏)

「30日分90粒入り」
と書かれています。
つまり、1日3粒です。

配合成分には、アルファ-リノレン酸と記載されています。

ちなみに、アルファ-リノレン酸とは、花粉症やアトピー性皮膚炎等のアレルギー症状を緩和してくれる成分のことです。

中身を確認

袋を開封して、シソの実サプリメントを確認してみます。

シソの実油のサプリメント
シソの実油のサプリメント

シソの実サプリメントの摂取量は、1日3粒です。
もちろん、全部で90粒ありました。

シソの実油のサプリメント(拡大)
シソの実油のサプリメント(拡大)

透けて見える
透けて見える

色は、キレイな透明です。例えるなら、水晶でしょうか。


次回は、「花粉症の症状は改善された?」をご紹介します。

2006年03月06日

花粉対策サプリセット 購入レポート その4

甜茶サプリメントの袋を確認

まず、甜茶の袋を見てみます。

甜茶の袋(裏)
甜茶の袋(裏)

「30日分60粒入り」
と書かれています。
つまり、1日2粒です。

配合成分に、

と4種類の成分名が書かれています。



イチョウ葉エキスとは?

イチョウ葉エキスというのは、名前のとおり、イチョウの葉から抽出されたハーブエキスのことです。

イチョウ葉エキスには、約13種類のフラボノイドが含まれます。
その中にはイチョウ葉にしか含まれない特殊なフラボノイド「二重フラボン」も含まれており、血行促進動脈硬化を防止する機能があるとされているのです。

さらにイチョウ葉エキスにはアレルギー症に効果があるとされる、テルペンラクトンという重要な成分が含まれていることがわかっています。

このように有効成分の高いイチョウの葉は、ヨーロッパにおいては、立派な医薬品として認められている程なのですが、日本ではあまり知られておらず、一般的ではないのが現状です。

イチョウ葉エキスを効率よく摂る方法とは

このように有効成分の多いイチョウ葉エキスは、サプリメントで摂る方法が一般的です。

ここで注意しておきたいことがあります。
イチョウ葉エキスは、製法や原料の葉の品質によって構成成分に大きな違いが出るのです。

つまり、良くわからない広告で販売されている、明らかに安いサプリメントには、イチョウ葉エキスの成分が十分に含まれていないことがあるのです。(断っておきますが、このことはイチョウ葉エキスのことだけではなく、また、特定のサプリメントを指している訳でもありません。)

この理由からも、私は、ある程度信用できるメーカーさんでの購入を行っています。



メリッサエキスとは?

メリッサって聞いたことありますでしょうか?
(私は、今回自分で調べるまで、全く知りませんでした。)

メリッサとは、ずばり、シソ科のハーブです。

シソ科のハーブとはいうものの、レモンに似た香りがすることから「レモンバーム」と呼ばれ、ヨーロッパ方面で親しまれているそうです。

メリッサの効用について

下記の効果が、期待されています。

  1. 抗アレルギー作用
  2. 発汗作用と解熱作用
  3. 消化を促進
  4. 鎮痛作用
  5. 心情(悲しみ)の緩和
  6. 肌荒れを防ぐ等

また、レモンのような香りがすることから、気分爽快、リフレッシュといったアロマテラピーなどにも利用されています。

DHCの甜茶サプリメントには、このメリッサエキスも配合されているのです。



中身を確認

袋を開封して、甜茶サプリメントを確認してみます。

甜茶サプリメント
甜茶サプリメント

色は、茶色に近い黒色です。
摂取量は、1日2粒です。

甜茶サプリメント(拡大)
甜茶サプリメント(拡大)

もちろん、全部で60粒ありました。


次回は、シソの味油を詳しく確認します。

2006年03月05日

花粉対策サプリセット 購入レポート その3

送られてきた花粉対策サプリセット2006

花粉が飛び始めている中、待ちに待った花粉対策サプリセット2006が到着しました。

郵送ケース
郵送ケース

サプリメントの大きさが小さいので、配送ケースも割と小さめです。
始めは、通販で頼んだ書籍が送られてきたのかと思いました。

中を開けてみると、

花粉対策サプリセット2006
花粉対策サプリセット2006

当たり前ですが、甜茶とシソの実が2つずつ入っていました。
あと、サプリ保存ケースに張るシールも同封されています。

シール
シール裏

これがシールの裏です。
たくさんの種類のサプリメントを保存している方には、わかりやすくて便利です。


次回は、甜茶サプリメントの中身を確認します。

2006年03月04日

花粉対策サプリセット 購入レポート その2

花粉対策サプリセット2006について

まず、甜茶とシソについて詳しく調べてみました。
詳しくは、

をご参照下さい。

価格としては、

なのですが、今回は、サービス中ということもあって、2ヶ月分で、

の計3,500円【3,675円(税込)】が、なんと2,520円(もちろん税込)でした。
しかも、配送料は無料。

「これは買うしかない!」
と、気が付いた時には、購入カートへのボタンをクリックしていました。

次回は、「送られてきた花粉対策サプリセット2006」をご紹介します。

2006年03月03日

花粉対策サプリセット 購入レポート その1

「本当に花粉症が治るの?」

という期待を胸に、今回、「花粉対策サプリセット2006」を購入しました。

iconicon
花粉対策サプリセット2006 icon

この花粉対策サプリセット2006は、甜茶とシソの実油のサプリメント2ヶ月分をセットにして、特別に割り引きしたお得なサプリメントセットです。

各サプリメントの詳しい詳細は、

をご参照下さい。



もともと、私は花粉症持ちなこともあって、花粉症対策について情報収集をしてました。

昨年、
「甜茶が花粉症に効く!」
という話を聞いたこともあって、甜茶(ヤカンで煮出すパックのもの)を大量に購入し、毎日2Lずつ飲んでいたのです。

そのお陰か(気の持ちようかもしれませんが)、花粉症の症状は例年より少なくて済み、その結果、
甜茶恐るべし・・・。」
と、一人で感動したのを覚えています。



今年も甜茶を飲む?

当初は、
「今年も甜茶を飲もうかな」
と考えてはいたのですが、毎日2Lの甜茶を飲むのは正直ツラかったです。

2Lという量を飲むことも大変ですが、甜茶独特の甘い味と香りがどうしても好きになれなかったことも原因の一つです。

そこで、またまたDHCのホームページを覗いていると、花粉対策サプリセット2006の販売がされていたので、今年はサプリメントに賭けてみようと思ったのです。

相互リンク