« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月27日

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」購入レポート その5

今回のレポートは、身を切る思いで(^_^;)、Q10クリーミィコンパクトファンデーションの使用前後の肌写真比較を行ってみたいと思います。

その前に、購入した経緯をお話ししておきます。

手軽で使い勝手の良いファンデーションを求めて

もともとは、今使っていたファンデーションがあまりしっくりこなかったために、
「良いファンデーションはないものか。」
と模索していたことから始まります。

新しいファンデーションを探す基準としては、私自身、面倒くさがりなこともあり、

の3点に絞って探しました。

その結果、宣伝広告を信じて購入したのが、「Q10クリーミィコンパクトファンデーション」だったのです。
(この時点ではまだ使用していませんので、あくまで宣伝広告を信じての話です。)

肌写真比較

今回は、鼻先を撮影してみました。

Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用前
Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用前

Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用中
Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用中

Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用後
Q10クリーミィコンパクトファンデーション使用後

もちろん、画像に修正は行っていません(^_^;)。

値段の高いファンデーションであれば、もちろん効果は高いのでしょうが、Q10クリーミィコンパクトファンデーションがすごいのは、低価格でも良かったということです。

もちろん、肌の性質には各個人差がありますので、すべての方がそう感じるという保証はありません。

とは言うものの、私は日本でも有数の美肌の持ち主ではありませんし、極度に敏感な肌でもありません。極めて普通です。

そういう意味では、万人向けだと言えますので、試してみる価値はあると思います。

今回私が購入したのは、


国内基準最高濃度コエンザイムQ10配合。
上質なセミマット肌に仕上げるクリームファンデーション(全7色)
iconicon
DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション 全7色 icon

2006年02月26日

紫蘇(シソ)とは? その2

青と赤、色の違いは何の違い?

シソには青ジソと赤ジソの2種類があります。

です。

一般的に、

ことが特長です。


もう少しご紹介しておきますと、シソの有効成分として注目されている成分が、α(アルファ)・リノレン酸という必須脂肪酸です。

α(アルファ)リノレン酸

花粉症やアトピー性皮膚炎等のアレルギー症状を緩和してくれます。

また、シソ科の植物に含まれる「ロズマリン酸」というシソポリフェノールも最近注目されており、赤ジソに多く含まれています

季節の変わり目の花粉やムズムズに

iconicon
シソの実油 30日分(パウチ入) icon

アルファ・リノレン酸を50%以上含んだシソの実油のサプリメントです。

2006年02月25日

紫蘇(シソ)とは? その1

最近の健康志向の中で、ハーブを取り入れている方も多いのではないでしょうか。

今でこそ、多種多様のハーブが店頭等で簡単に手に入るようになりましたが、昔は今回取り上げるシソこそが、日本で使われるハーブの第一人者でした。

古くから認められてきたハーブとしての高い薬効

一般的なシソの作用効果としては、解熱、鎮痛、鎮静、解毒等が挙げられます。

ちなみに、シソを漢字で書くと「紫蘇」となるのですが、

という意味があるそうです。

シソの効用

まず最初に、シソの効用と聞いて、一番最初に思いつくのが防腐作用ではないでしょうか。

例えば、スーパーでお刺身を買ったときに、大根おろしのツマと一緒に入っていると思います。

これは、単に飾り付けだけではなく、食中毒を防ぐためにシソの防腐作用を利用しているのです。

花粉症としてのシソ

そして今回、シソを取り上げた理由が、花粉症を防ぐハーブとしての効用です。

シソの葉や種実に含まれるポリフェノールには、花粉症の症状であるくしゃみや目のかゆみを引き起こすヒスタミンの生成を抑えてくれる効果があります。

ご存じのとおり、シソには青ジソ赤ジソがあるのですが、この抑制効果は、一般的に青ジソよりも赤ジソの方が強く、さらには、葉よりも種実の方が高いとされています。

次回の、「青と赤、色の違いは何の違い? 」に続きます。

2006年02月24日

ライビーナ 購入レポート その11

「またか・・・」
と思われるかもしれませんが、またまたライビーナネタです(^_^)。

ここまでくると、何だか楽しくなってきて、
「ライビーナを極めてやる!」
という気持ちになってきました。

未成年はダメ!ライビーナ焼酎割り

今回は、口コミにも載っていたライビーナの焼酎割りです。

ライビーナ焼酎割り前
ライビーナ焼酎割り前


ライビーナの原液を適量入れて、


ライビーナと焼酎
ライビーナと焼酎


今回は、家にあった焼酎を使いました。
(右後ろにあるカキピーが、恥ずかしい・・・。)


ライビーナ焼酎割り中
ライビーナ焼酎割り中


お好みに合わせて、混ぜて、


ライビーナ焼酎割り後
ライビーナ焼酎割り後


氷を入れてロックで飲んでみました。


始めは、
「甘いライビーナに焼酎なんて・・・。」
と思っていたのですが、



かなりいけます!

これって、よーく考えてみますと、酎ハイと同じ原理なんですね。

甘いお酒が好きな人は、おいしいと感じると思います。
辛口の日本酒なんかが好きな方には、もちろんお勧めできません(^_^)。

ちなみに個人的には、お湯割りの方が好みでした。

2006年02月23日

ライビーナ 購入レポート その10

先日、
牛乳を温めてから、ライビーナを入れると分離する。」
というレポートをご紹介しました。

そこで、DHC@blogさんより
ライビーナを牛乳と混ぜてから、温めてみれば?
とご指摘がありました。

・・・。



すみません。
全く気づきませんでした。
まさに、そのとおりです(笑)。

そこで今回は、ライビーナホット牛乳割りに再挑戦です。

ライビーナホット牛乳割り完成!

まず、いつものようにライビーナの原液を適量入れます。

ライビーナ原液
ライビーナ原液

次に、先に牛乳と混ぜてから、レンジへ入れて温めてみました。

すると・・・。



ライビーナお湯割り改
ライビーナお湯割り改

できました。
ライビーナホット牛乳割り。

当たり前ですね。
気づかなかった私が恥ずかしい・・・。
以前のように分離することもありません。

これで、また一つ冬の楽しみが増えました。
DHC@blogさん、ありがとう♪。

2006年02月22日

ライビーナ 購入レポート その9

さらに、ライビーナネタは続きます。

ライビーナ食パンは史上初?

今回は、ライビーナ食パンを製作しました。

ライビーナ食パン
ライビーナ食パン

作り方は、簡単。
我が家にはホームベーカリーがありますので、砂糖の代わりに、ライビーナの原液を入れるだけです。

量は適量ですが、甘さをしっかりと出したい方は多めに入れましょう。

味についてですが、甘さは確かにあります。
しかし、ライビーナの香りというか酸味は微塵も感じられませんでした(- -;)。

熱を加えると、香りが飛んでしまうのでしょうか。

ただ、写真では少しわかりにくいのですが、色はほんのり紫色になります。
かろうじて、ライビーナの雰囲気はありました。

ホームベーカリーをお持ちの方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

2006年02月21日

甜茶とは?

最近、花粉症対策として
甜茶が良く効く
と言われます。

私も花粉症持ちですので、今回、甜茶について少し調べてみました。

甜茶って何?

甜茶の「甜」という文字の意味は、中国語で甘いという意味です。
つまり、甜茶とは中国で言う甘いお茶の総称のこと。

ちなみに、現在中国で飲まれている甜茶は、

の4種類です。

この中で、日本で人気のある甜茶は、甜茶縣鈎子(てんちやけんこうし)だそうです。

中国では古くから旧正月などのおめでたい時に一年の幸福を願って飲まれ、のどの痛み・咳止め・解熱にも効果があるとされているのですが、日本で甜茶がこれだけ話題となった最大の理由は、

「ヒスタミンの活性化を防ぐ」=「花粉症の症状を和らげる」

という効果があるからではないでしょうか。

花粉症の原理

そもそも花粉症とは、花粉が体に進入することによって起こるアレルギー反応の一種です。

体の中に花粉が入ると、花粉を外敵だと思った体がその花粉に対抗するために、抗体を作り出します。

体内に抗体ができるのなら、花粉に強くなるのでは?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

問題は、この抗体がヒスタミンという化学物質を放出することにあります。

このヒスタミンが体内でアレルギー症状を引き起こし、くしゃみや鼻水が止まらなくなることから、花粉症となるのです

甜茶ポリフェノールが有効成分

甜茶には、タンニンの一種である甜茶ポリフェノールや各種アミノ酸・ミネラルが豊富に含まれています。

この甜茶ポリフェノールこそが、ヒスタミンの分泌を抑制する働きを持っている成分です。その効果は、日本アレルギー学会などでも発表されています。
一般的な抗アレルギー剤やヒスタミン剤などは副作用が心配されますが、甜茶には副作用は認められていませんので、安心です。

ここで注意しておきたいのは、甜茶にも色々あるということです。

安くていかにも怪しい甜茶は、色々な茶葉がブレンドされていることもあるようです。
つまり、甜茶の成分が少なくなっていますので、花粉症対策としては効果が期待できません。

安いモノはそれなりということでしょうか。
ただ、安いから悪いという訳ではなく、安心できるメーカーが大量に生産販売している結果、安くなっている場合もありますので、見極めが大切だということです。

甜茶ポリフェノールの含有量表示があれば、言うことはありません。

甜茶を摂取する時期は?

次に気になるのが、甜茶を摂取する時期です。

各個人の症状によって違いますが、一般的には、花粉が飛ぶ2週間~1ヶ月前から飲み始めると効果的だと言われます。

もちろん、症状が出始めてから飲んでもすぐに効果は期待できませんが、数日で症状が緩和するという効果が出る方もいるようです。

もちろん、大量に摂取すれば良いというものでもありませんので、定められた量を摂取し続けることが大切です。

DHCの甜茶サプリメント

DHCの「甜茶」は、すぐれた働きをするバラ科の甜茶のエキスに、シソ油、イチョウ葉エキスを配合したサプリメントです。

DHC甜茶サプリメントの成分

甜茶ポリフェノール、ルプソシド、カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラル

DHC甜茶サプリメントの効果

下記の効果が期待できます。

私も、今年は点媚薬ではなく、甜茶サプリメントで体内から花粉対策をするつもりです。
(近々購入予定ですので、レポートします。)

季節の変わり目に花粉対策として
iconicon
甜茶(てんちゃ) 30日分(パウチ入) icon

2006年02月20日

「DHC野菜ミックスジュース」購入レポート その2

「DHC野菜ミックスジュース」試飲レポート

今回は、試しに1本購入してみました。

お得なケース入りもあるのですが、とりあえず味見をして美味しければ続けてみようかなと。

野菜ミックスジュース
野菜ミックスジュース

野菜ミックスジュースの包装
野菜ミックスジュースの包装

1本での購入でも、ビニールで包装されています。
清潔感があって、少しDHCの気遣い(?)を感じました。

ニンジン約1.9本
ニンジン約1.9本

この1缶で、ニンジンが約1.9本も入っています。
野菜ジュースの内容量は、160gです。

コップに入れて、中身を確認します。

野菜ミックスジュースの色
野菜ミックスジュースの色

色がかなり濃厚です。
まさに、野菜ジュースといった風格です。

野菜ミックスジュースの味と香り

味と香りを確かめてみます。

ニンジンがベースなこともあって、味も香りもキャロットジュースに近いものがあります。

緑黄色野菜がたっぷり入っていますので、
「飲みにくいかなぁ・・・。」
と言うイメージもあったのですが、いざ飲んでみると割とアッサリしていて、毎日でも続けられると思います。

サラサラとドロドロ?

いきなりですが、野菜ジュースには色々種類があると思います。

表現に乏しいのですが、

の2種類に分かれると、自分では認識しているのです。

わかりやすく申しますと、

という感じでしょうか。

この分け方から言えば、今回のDHC野菜ミックスジュースは、後者のドロドロ野菜ジュースです。

野菜の繊維
野菜の繊維?

本当に、
野菜をすり潰したものを缶に封入しました!
と言わんばかりのドロドロさです(笑)。

けれども、味としてはアッサリしているので、飲みにくいことはありません。

この辺は、個人的な好みの差もありますので、なんとも言えませんが、
「体に効いてる~!」
と、私は実感できました。

日頃から野菜不足を感じている方は、ストックとして置いておくと良いのではないでしょうか。

iconicon
野菜ミックスジュース icon

2006年02月19日

「DHC野菜ミックスジュース」購入レポート その1

今回は、「DHC野菜ミックスジュース」の購入・試飲レポートです。

iconicon
野菜ミックスジュース icon

健康志向の流れに伴い、最近ではたくさんのメーカーさんから数え切れない程の野菜ジュースがあります。

DHCも例外ではなく、野菜ジュースを販売しています。


私はもともと健康志向が強いこともあり、大手メーカーさんの野菜ジュースはたくさん試してきた経験があります。

もちろん、各メーカーさんそれぞれ独自色を出されているので、味や含まれる成分などにも違いがあります。

実際、
これは飲みやすい!
と感じるジュースも少なからずありました。

そこで、DHCの野菜ジュースは何が違うのか?ということを中心にレポートを書いてみようと思います。

新鮮な緑黄色野菜がたっぷり

入っている野菜は、

と、他のメーカーに負けず劣らず豊富な栄養分を含みます。

もちろん、砂糖、塩分、保存料などは一切使用していません
つまり、野菜の本来の味を生かしているということです。

次回の「DHC野菜ミックスジュースを試す」に続きます

2006年02月18日

花粉症対策

そろそろ寒さが緩やかになり、季節の変わり目を感じるようになりました。
そんな私ですが、寒さ以上に苦手なものがあります。

それは・・・。



花粉症です。

症状があまりにヒドイので、血液検査をしてもらった経験もあるのですが、ずばり、ヒノキとイネ科に対する花粉症であることが発覚したのです。

つまり、これからの時期がその季節に当たると言うわけです。

そこで、
「今年こそは花粉症に打ち勝ってやる!」
と、事前に対策を講じることにしました。

対策案

まず考えたのが、薬での予防。

しかし、副作用の可能性もあるので、あまり気がのりませんでした。

それならば、体質を少しでも改善するしかないと考え、食べ物とサプリメントを併用することにしたのです。

まず、食べ物はヨーグルトが良いと聞いたので、早速、無糖ヨーグルトを追加。
(過去の記事を見て頂ければわかりますが、ヨーグルトは生活の一部なのです。)

さらに、甜茶を試してみました。

しかし、甜茶は甘く、私には合いませんでした。
確かに、飲みやすい甜茶もあるのですが、毎日続ける自信が持てなかったのであきらめました。

次に思いついたのが、サプリメントです。

DHCでは、甜茶とシソのサプリメントがあり、
「みんな、げんき?」
にも、広告として載っていたこともあって、以前から気にはなっていました。

そこで、今回、甜茶とシソについて詳しく調べてみることにしました。

次回の、「甜茶って何?」に続きます。

2006年02月17日

マルチビタミン 購入レポート その3

マルチビタミンのカプセルの中身

単純に、サプリメントを切断してみます。
(DHCさん、ごめんなさい。)

マルチビタミンの切断写真
マルチビタミンの切断写真

サプリメントの中身は・・・、




液体のようなものでした。

ハチミツのようなシロップ状です。

色は銅色(?)です。
サプリメントの色は、中身の液体の色のようです。

カプセルは透明なのでしょうか?

味としては、説明しづらいのですが、甘くはありません。
強いて例えると、ビタミン栄養剤のような味です。

もちろん、飲む時は開けないことをお勧めします(笑)。

失敗すると、指に色が付きます。

マルチビタミンの色が付く
マルチビタミンの色が付く

マルチビタミンを服用して飲み始めてしばらく経ちますが、肌の調子は前より良くなった気がします。
あくまで私の感覚です(あしからず)。

その証明が難しいので、今回詳しくは語れませんが、しばらく肌の写真を撮り続けて、何か報告できるカタチになれば、後日報告したいと思います。

もちろん、マルチビタミンサプリメントだけを摂れば良いというものでもなく、大切なのは日頃の食事です。

野菜や果物を中心に摂ってこそ、マルチビタミンの補助効果が高まります

それでも日頃から、ビタミン不足を感じている方は、一度試されてみてはいかがでしょうか?

毎日のバランス・ビタミン(13種類のビタミン配合)

iconicon
マルチビタミン 30日分(パウチ入) icon

2006年02月16日

マルチビタミン 購入レポート その2

今回購入した、マルチビタミン 30日分(パウチ入)です。

マルチビタミンの全体写真
マルチビタミンの全体写真

コンビニにも売っていますが、日数分が違います。
今回購入したのは30日分です。お得な90日分もあります。

袋の裏を見ますと、栄養配合表が印刷されています。

マルチビタミンの栄養成分表
マルチビタミンの栄養成分表

マルチビタミンという程ですので、たくさんのビタミン類とその他色々な成分が豊富に含まれています。

いざ袋を開けて中身を確認します。

マルチビタミン 30粒
マルチビタミン 30粒

本当に30日分入っているのか、一応確認してみました(^_^)
(自分で言うのもなんですが、かなりヒマです。)

1日1粒で、30日で30粒。
写真のとおり、30粒ありました。

1粒1粒をよーく確認してみますと、

DHCの白文字
DHCの白文字

真ん中にDHCという白文字が印刷されています。

さらに、サプリメントと一緒に、シリカゲルも入っていました。
湿気対策もバッチリです。

DHCのシリカゲル
DHCのシリカゲル

ちなみに、シリカゲルの袋にもDHCの文字が・・・。
細かいですね。

ここで気になったのが、サプリメントの中身は個体なのか液体なのかということです。
色も茶色なのでしょうか?
気になり出すと、実行に移さないと気が済まないので確認してみます(笑)。

次回は、マルチビタミンのカプセルの中身をご紹介します。

2006年02月15日

DHCベビーソープ 購入レポート その2

家にDHCベビーソープが届きました。

DHCベビーソープの外箱
DHCベビーソープの外箱

割れないようにキチンとしたケースに入っています。

同封の紙
同封の紙

ベビーソープの製品説明についての紙も同封されていました。

DHCベビーソープ中身1
DHCベビーソープ中身1

中も厳重に包装されています。

DHCベビーソープ中身2
DHCベビーソープ中身2

中央部に大きくBaby Soapと書かれています。

見た目は、いつも使っているマイルドソープと変わりません。
香り(石鹸の香りはします)や色も殆ど同じです。

DHCベビーソープの使用感

まず、泡立ちがものすごく良いので、肌に刺激を与えることなく洗うことができます。
また、泡がきめ細かいのも特徴で、まさに泡で洗っているという感覚です。

だからと言って、泡で滑って赤ちゃんを落とすこともありません。

一番驚いたのが、
お湯で洗い流した後の泡切れがすごくいい。」
ということです。

つまり、体を軽く洗って、サッと流すだけでOKなのです。
しかも、洗った後の肌は余分な油分が落ちており、"キュッキュッ"という手触りです。

安物にはない安心感♪

安物の石鹸は、しっかり洗っても本当に洗えているのか不安になるものもあります。
また、成分に不安があるものもあります。

その点、DHCベビーソープは、

と、肌にも安心です。

DHCによると、アトピー肌の子供さんにも良いそうです。
肌の弱いお子さんをお持ちの方にお薦めです。

DHCベビーソープ

赤ちゃんのために生まれた植物性無添加ソープ

iconicon
DHCベビーソープ icon

2006年02月14日

マルチビタミン 購入レポート その1

今回は、「マルチビタミン 30日分(パウチ入)」の購入レポートです。

購入の動機は、単純に、
最近ビタミン不足だなぁ~。」
と感じことに始まります。

毎日のバランス・ビタミン

DHCの「マルチビタミン」は、ビタミンA、B群、C、Eをはじめ、ビタミンD、P、葉酸など13種類のビタミンを1粒に封じ込めたビタミンサプリメントです。

iconicon
マルチビタミン 30日分(パウチ入) icon

マルチビタミンの栄養機能表示

DHCのマルチビタミンに配合されている成分については、下記のとおりです。

●ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB2及びβ-カロテンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
●ビタミンB12及び葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
●ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用をもつ栄養素です。
●ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
●葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。
※本品は、胎児の正常な発育に寄与しますが、多量摂取により胎児の発育が良くなるものではありません。
●β-カロテンは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
●ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

次回は、マルチビタミンの写真入りでご紹介します。

2006年02月13日

DHCベビーソープ 購入レポート その1

今回の使用レポートは、「DHCベビーソープ」です。

うちの子供は肌が弱いので、一般的な石鹸では肌に合いにくく、無添加の石鹸を探していました。

子供は大人に比べて、汗かきな割りに大人と違って皮脂量が少ないので、すぐ肌に影響がでます。まして、生まれたての赤ちゃんならなおさらです。

そんな訳で、DHCのホームページを物色していますと、
赤ちゃんのために生まれた植物性無添加ソープ
なるものがあり、値段も手頃だったので、一度試してみることにしました。

iconicon
DHCベビーソープ icon

DHCベビーソープ商品説明

主成分は肌にやさしい天然成分。
オリーブバージンオイル、ハチミツ、さらにデリケートな肌のために植物成分まで配合。
生まれたての赤ちゃんにも安心な刺激のない全身用ソープです。

DHCベビーソープの成分

DHCベビーソープの成分は、下記のとおりです。

オリーブ油やハチミツ、シソエキスが良く効きそうです。

次回は、使用感をご紹介します。

2006年02月12日

ライビーナ 購入レポート その8

久々にライビーナネタです。

以前に、
「ライビーナを何で割るとおいしいか?」
という実験を繰り返していたことがありましたが、さらに今回は、ホット牛乳で割ってみることにします。

コールド牛乳割りとホット牛乳割りは違う!

前回、
「牛乳割りはおいしいので、お勧めです。」
ということをご紹介しました。

であれば、ライビーナをホット牛乳で割ってもおいしいだろうと思っていたのですが、全く違う現象が起きたのです。

(以下、温める前の牛乳をコールド牛乳、温めた後の牛乳をホット牛乳とします。)


普通に牛乳をコップに入れて、電子レンジで加熱してホット牛乳にします。

次に、ライビーナを適量混ぜるだけなのですが、コールド牛乳の時のようにうまく混ざりません。

どうなるのかと申しますと、完全に分離します(笑)。

ライビーナホット牛乳割り
ライビーナホット牛乳割り

写真でわかるでしょうか? 失敗した茶碗蒸しのようになってしまいました。

お湯割りでは、このような現象はありませんでしたので、ホット牛乳割り特有の現象のようです。

さすがに、このままでは口の中がモロモロになりそうでしたので、茶コシで濾過してみます。

ライビーナを茶こしで濾す
ライビーナを茶こしで濾す

すごいです。
とてもライビーナとは思えません・・・。
笑うしかありませんでした。(^ ^;)

ライビーナ ホット牛乳割りを飲む

次に、液体の色をチェックします。

牛乳割りなので、もちろん白色がベースで、ライビーナの赤紫色っぽいと思っていました。

ところが・・・、違うんです。

ライビーナ?
ライビーナ?

赤紫っぽい色はしているのですが、透明度が高いんです。

ファンタグレープというか、クリスマスの時に売っている安いシャンパンのような色(?)です。

なぜ、透明度の低い牛乳からこんな液体になるのか不思議だったのですが、原因は不明です。

ちなみに、濾過したあとの残骸は、こんな感じです。

ライビーナ濾過後
ライビーナ濾過後

すみません。DHCさん。
とても口に入れる気にはなれませんでした。(^ ^;)

ここまでくれば、気になるのがです。
(もちろん、液体の方です。)

気合いを入れて、口にしてみました。

・・・。

とにかく甘いだけです。
ライビーナの黒カシスのような香りはありません。

ただ単に甘いシロップ水を飲んでいるようでした。

恐るべしホット牛乳・・・
もう二度と、ライビーナと混ぜることはないでしょう。

勇気のある方は、一度お試しください。

2006年02月11日

「DHC Q10クリームII」購入レポート その4

DHC Q10クリームIIの使い方

DHC Q10クリームIIの使い方は至ってシンプルで、化粧水の後、顔全体に伸ばすだけです。
(ちなみに私の場合は、化粧水にDHC Q10ローション iconを使っています。)

気になるところには、さらに重ね塗りしておくと効果的です。

DHCのホームページにも、
「DHC Q10基本ケアラインで何度も重ねてお使いいただくことで、より濃くたっぷりのコエンザイムQ10が肌に行き届きます。 」
と書かれています。

DHC Q10クリームIIの使用感

もちろんクリームですので多少のべとつきはありますが、気になる程ではありません。
それよりも、繰り返し何度でも重ねることによって、肌への浸透率を高めることができ、肌にスーッとなじみます。

コエンザイムQ10シリーズのキーワードである、
深く、濃く
という説明からも、その理由がわかるのではないでしょうか。

コエンザイムQ10シリーズの効果は、使い続けている方が多いことで実証されています。
もちろん、私もその内の一人です。

コエンザイムQ10シリーズとの相乗効果を狙う!

今回のDHC Q10クリームIIだけでなく、Q10基本ケアのラインである、

との併用によって、その効果は飛躍的に高まると言われています。

ところが、
効果がいまいち信用できないなぁ・・・
と思われる方も多いのも事実です。

そこで、DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付)をお勧めします。
DHCのQ10シリーズを1通り試すことができますので、その良さを確かめてみてはいかがでしょうか?

DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付)

いつでもどこでもふっくら美肌に。Q10コスメのトライアルキット
iconicon
DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付) icon

2006年02月10日

「DHC Q10クリームII」購入レポート その3

DHC Q10クリームIIの良さを実感していることもあって、大容量タイプを購入しました。
たっぷり補える100g入りのビッグサイズでお得です。

現在のコンビニタイプ(43 g)と比較してみます。

大きさの比較

縦に重ねる(前から)
縦に重ねる(前から)

縦に重ねる(後ろから)
縦に重ねる(後ろから)

縦に重ねる(上から)
縦に重ねる(上から)

横に並べる
横に並べる

写真では少し伝わりにくいですが、結構大きいです。
容量が倍以上ありますので、当たり前でしょうか(^_^)。

ただ、結構大きいので旅行などには向きません。
そこで、小さい方を持ち出し用とするなど、ケースは使った後でも残してあります。

コエンザイムQ10トリオ

ミルクとローションと一緒に
ミルクとローションと一緒に

私はこのコエンザイムQ10トリオを使用しています。
Q10シリーズ同士の相性も良いのでお勧めです。


次回は、「DHC Q10クリームIIの使用感」をご紹介します。

2006年02月09日

「DHC Q10クリームII」購入レポート その2

今回購入したDHC Q10クリームII

今回購入したDHC Q10クリームII(100g)
今回購入したDHC Q10クリームII(100g)

DHC Q10クリームII(100g)拡大写真
DHC Q10クリームII(100g)拡大写真

結構大きめです。



上から見た写真
上から見た写真

フタには、銀色でDHCと印字されています。



フタを開けたところ
フタを開けたところ

フタを開けると、中にDHCと書かれた内フタが付いています。

Q10クリームIIとご対面
Q10クリームIIとご対面

さらに内フタを開けると、Q10クリームIIが出てきます。
印象としては、濃厚で、カスタードクリームにソックリです。

次回は、今まで持っていたコンビニタイプと大きさを比較します。

2006年02月08日

「DHC Q10クリームII」購入レポート その1

今回購入したのは、DHC Q10クリームIIです。

以前からずっと使っているのですが、ストックがなくなったので、今回大容量タイプを購入しました。

DHC Q10クリームII詳細説明

iconicon
DHC Q10クリームII icon

厚生労働省が認めている国内基準上限値までコエンザイムQ10を配合したクリームで、なんと、6ヶ月半で153万個売れた人気商品です。

しかも「DHC Q10クリームII」には、コエンザイムQ10の力をアップさせる美肌成分ビタミンE、ビタミンB2、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、肌本来の力を高めるオリーブリーフエキス、オリーブバージンオイルが配合されています。

コエンザイムQ10との相乗効果が期待でき、みずみずしく弾力あふれる素肌になるとの評判です。

コエンザイムQ10についてのおさらい

コエンザイムQ10とは、元々体内に存在している成分です。
特に心臓や肝臓、腎臓に多く含まれ、日々のエネルギー生成に大切な役割を果たしています。

ところが、コエンザイムQ10の合成力は年と共に衰え始めてしまいます。

ちなみに、30歳台後半には20歳ごろの約70%も減少すると言われており、肌の表面なども例外ではありません。

その結果、血行が弱くなったり、肌のヒアルロン酸量が低下することから、肌トラブルの原因となってしまうのです。

次回は、今回購入したDHC Q10クリームII(100g)を写真入りでご紹介します。

2006年02月06日

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」購入レポート その4

★使用レポートその1

とりあえず、肌を整えた後、使用してみました。

ファンデーションを軽くのばすだけで顔に馴染みます。
使用感は悪くありません。

DHCの宣伝文句のように、
「みずみずしい透明感、素肌のようなツヤ感」
と歯の浮くような言葉は言えませんが、きめ細かい仕上がりで、そのカバー力は強く持続されるように感じています。

もちろん、Q10が入っているからといって、目に見張るほどすさまじい効果はありません。(笑)

ただ、クレンジング後の肌質感は今までよりも良く、Q10の効果が出ている(?)可能性はあります。

使い続けてみないと、はっきりとしたことは言えませんので、もう少し様子を見てみます。
後日、肌写真などを掲載できれば、実施してみたいと思います。


今回購入したQ10ファンデーションは
DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル> icon

2006年02月04日

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」購入レポート その3

待ちに待った、「Q10クリーミィコンパクトファンデーション」が届きました。

外観をチェック!

DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル>
DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル>

DHCベースメークシリーズ専用コンパクト
DHCベースメークシリーズ専用コンパクト

DHCメークアップスポンジ
DHCメークアップスポンジA

こんな用紙も同封されていました。

使い方その1

ファンデーションの使い方や全7色の色種類について書かれています。

使い方その2

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」以外のQ10ファンデーションシリーズの紹介です。

というグラフが書いてあります。

上のグラフで言いますと、私が購入したQ10クリーミィコンパクトファンデーションは、かなりカバー寄りです。

ケースを詳しくチェック!

ケース斜め
DHCベースメークシリーズ専用コンパクトの外観

左側に大きく「DHC」と書かれています。
(当たり前と言えば、当たり前ですね。)

少し厚めかなとも思いましたが、予想していたよりもコンパクトですので、外出時もカバンに入れて持ち出せそうです。

ケースのフタ開け部
前面拡大

前面部はこうなっています。
突起を押すとカバーが開くタイプです。

続いてケースを開けてみます。

ケース上
上部スペース

これは中フタで、スポンジを乗せるスペースです。

中フタを上に上げると、こんな感じです。

ケース下下部スペース

鏡が出てきました。
その下のスペースに、ファンデーション本体をセットします。

このセットする部分を拡大しますと、

ケース本体とファンデーションの接続部
ケース本体とファンデーションの接続部

よく見ますと、ケース本体の方に突起物のようなものが、2本出ています。
ファンデーション本体にも、凹み部分があることがわかります。

この突起物によって、ファンデーション本体がキッチリ固定されます。

始めは、ファンデーション本体を乗せるだけだと思っていましたので、落ちそうな不安もありましたが、結構ガッチリ固定されますので、落ちたりする心配はありません。

いざセット!

ファンデーション本体とケースやスポンジは別売りなので、セットする必要があります。
(セットする時って、何故か楽しくないですか?)

早速ですが、セットしてみることにしました。

セット後、上からの写真
セット後、上からの写真

セット後、横からの写真
セット後、横からの写真

イメージとしては、写真のような感じです。
割とコンパクトに収まっていますが、少し厚みがあるようにも感じます。
全体的にコンパクトなのでそう見えるだけかもしれません。

次回は、使用感覚をレポートします。

2006年02月02日

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」購入レポート その2

私が今回購入したのは、次の3点です。

ケースやスポンジは、別売りです。
購入する時には注意してくださいね。

ケース別売りについて

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル>」は、ファンデーション本体だけの購入も可能で、ケースやスポンジは付いていません。

初めに専用ケースを購入すれば、次回購入する時にはファンデーション本体だけで良く、ケース分代金がお得です。

例えば、

で、5回分のファンデーションを購入するとします。

★その1

本体とケースが一体での購入しかできないとすると、
2,625円×5=13,125円
です。

★その2

本体のみ購入ができるとすると、ケースは購入する必要がないので、
初回:2,625円
残り4回:1,890円×4=7,560円
の計10,120円となります。

結果としては、約3,000円もお得だということになります。
ファンデーションが、もう1つや2つ買えてしまいます。

リピータのことを良く考えているところが、DHCらしいと思いました。

今回購入したQ10ファンデーションは
DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル> icon


次回は、届いた「Q10クリーミィコンパクトファンデーション」をチェックします。

2006年02月01日

「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション」購入レポート その1

今回の購入レポートは、話題の新製品「DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル>」です。

以前から、DHCのファンデーションは気になっていたのですが購入したことはなく、他社さんのファンデーションを使用していました。

私は、基礎化粧品にはこだわったりするのですが、ファンデーションにはあまりこだわりがなく、はっきり言ってどのメーカーさんのファンデーションも一緒だと思っていました。(メーカーさんすみません。)

ところが、今回、DHCのファンデーションラインナップが一新されて、Q10配合となっていることに気づき、Q10ファンの私としては試さずにはいられませんでした。

DHCのQ10ベースメーク ラインナップ

Q10ファンデーションのラインナップは、2006.1.30現在、下記の5種類です。

※詳しい商品説明は、DHC公式ホームページでどうぞ。

この中で、今回私が購入したQ10ファンデーションはDHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル> icon」です。

クリームタイプにしようか、リキッドタイプにしようか迷ったのですが、

という理由から、クリーミィコンパクトファンデーションを選択。(ツヤよりはマット派。)

DHC Q10クリーミィコンパクトファンデーション<リフィル>の特徴

なんと言っても、国内基準最高濃度コエンザイムQ10を配合している点が魅力的です。

また、
肌にのばした瞬間にやわらかなパウダーに変化するため、ひと塗りで、リキッドファンデーションとフェースパウダーで仕上げたような、美しいセミマット肌が実現する。」
との商品説明でした。

しかも、全7色のバリエーションから、自分の肌にあった色を選ぶことができます。

さらに、DHCの看板商品であるオリーブバージンオイルも配合されていて、肌もなめらか。
しかも低価格となれば、購入しない訳にはいきません。

気づいた時には、DHCホームページの「カートへ入れる」アイコンをクリックしていました・・・(^ ^;)。

次回の、「ファンデーション本体とケースは別売り?」に続きます。

相互リンク