« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月25日

栗駒深層水を試す!(その3)

栗駒深層水を試した個人的感想

DHCの栗駒深層水は、

ということで売り出し中です。

ただ、個人的には飲み水としてよりは料理に使用する方が向いていると思います。
いくら体に良いからといって、飲み水としてひたすら飲み続けるのはちょっと辛いかなと。それならば、毎日の料理として利用した方が、義務感もなく続けられるのではないでしょうか。

また、試飲レポートでお伝えしたほのかに甘い味については、もしかしたら少しクセがあるかな?と思われる方もおられるかもしれません。

その点、料理に使えば、ウマ味に変わることはあっても、クセのある味にはならないでしょう。

もちろん、500mlの栗駒深層水も飲み水用としてオススメです。

DHC栗駒深層水[500mL×24本] icon
DHC栗駒深層水[2L×6本] icon

2005年08月23日

栗駒深層水を試す!(その2)

比較したのは、

です。

sinsousui_3.jpg

左から、栗駒深層水、弱アルカリ浄水、水道水です。(見た目わかりませんね。透明のガラスにすればよかった・・・)

冷やすと味や臭いがわかりにくくなりますので、常温での飲み比べとしました。
そして試飲の順番は、浄水、栗駒深層水、水道水としました。

まず、浄水を試飲。

臭いや味はほとんど感じられず、良い感触。
クセがなく、いくらでもいける感じでした。

次に栗駒深層水。

「ほとんど浄水と変わらないだろう。」と思っていた私ですが、実は違っていました。
臭いはほとんど変わりませんが、フルーツ(?)のようなほのかに甘いような味があるのです。
(家族にも確認してもらいましたので、少なくとも我が家ではそういう認識でした。)

「この味がミネラル分?」という疑問点を抱きつつ、
「そういうことにしておこう!」という結論に達しました(笑)。

そして最後に水道水。

家はそれ程都会ではありませんので、水道水のニオイや味に関しては
「まだ、マシな方だろう。」
という認識です。

ところが、このアルカリ浄水と栗駒深層水を試飲した後で飲んでみると、その差は歴然でイヤなニオイも鼻に付いて離れませんでした。

はじめから酸っぱいものを食べるとそれ程気にはならないけれど、甘いものを食べてから酸っぱい物を食べると、その酸っぱさがキツくて食べられないといったことと同じではないでしょうか。
甘いイチゴの後に、酸っぱいグレープフルーツを食べるような感覚・・・。

とにかくこれ程まで違うものかと再確認したのも事実でした。

DHC栗駒深層水[500mL×24本] icon
DHC栗駒深層水[2L×6本] icon

栗駒深層水を試す!(その3)へ続く

2005年08月22日

栗駒深層水を試す!(その1)

今回は体験レポートです。
最近、DHCで売り出し中の栗駒深層水を手に入れましたので、試飲比較してみました。

sinsousui_1.jpg

写真のペットボトルは500mlのタイプです。
大容量2Lタイプもあるのですが、今回は試し飲みということで500mlでお話します。

まず外観ですが、大きさは普通のペットボトルと比較して少し背が小さいかなという印象です。 もちろん、内容量としましては普通のペットボトルも500mlなので変わりません。

そして特徴的なのが、上部の飲み口の部分です。

sinsousui_2.jpg

少しわかりにくいかもしれませんが、口径がちょっと大きいのです。
内径で比較しますと、普通の口径は22mm程度なのですが、栗駒深層水は25mmありました。

「たかが3mmじゃない!」
と思われるでしょうが、これがなかなか違います。

実物を見るとその違いは明らかで、実際口にしてみても飲みやすかったです。
DHCさんもこの点を考慮しての改良のようですが・・・

ただ、始めはちょっと違和感がある方もおられるかもしれません。
まあ、普通のペットボトルに慣れているからですので、栗駒深層水の口径になれてしまえばこっちの方が良いという方も多いのではないでしょうか。

ちなみに原材料名は水(鉱水)とだけ書かれていましたので、もちろんミネラル分以外は不純物等一切入っていません。(当たり前でしょうか。)

また、気になる味比べを行ってみましたので、ご報告しておきます。


DHC栗駒深層水[500mL×24本] icon
DHC栗駒深層水[2L×6本] icon

栗駒深層水を試す!(その2)へ続く

2005年08月10日

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年7月25日~7月31日集計分)

日本中で売れまくり&洗いまくり!今回もマイルドソープがダントツの1位をキープ。顔のベタベタ、外出先から帰ったらすぐサッパリ洗い落としたい季節ですね。 オイリーになりがちな肌を清潔に保つ、ブロッティングローションとピュアソープも好調です。

第1位 DHCマイルドソープ icon

オリーブバージンオイルとハチミツから生まれた洗顔ソープ。肌に必要なうるおいを残しながら、キメ細かな泡が汚れだけを包んでさっぱり洗い落とします。たっぷり泡立ち、泡切れもすっきり。無香料・無着色だから、デリケートな肌でも安心してお使いいただけます。

第2位 Q10ローション&ミルクセット icon

第3位 DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付) icon

第4位 DHCアルファAホワイトマスク icon

第5位 DHCホワイトソープ icon

第6位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第7位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第8位 DHCピュアソープ(L) icon

第9位 DHCネイルメーク ニュアンスグラデーションシリーズ(ポップ 新色) icon

第10位 DHC薬用ボディライナー icon

2005年08月09日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年7月25日~7月31日集計分)

ビールがつい進んでしまう夏、翌朝の体調をスッキリ整える濃縮ウコンが、じわじわ順位を上げてきています。 フォースリーン、α-リポ酸も相変わらず大人気。カルニチンもあわせた特別セットも好調です。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第3位 燃焼ダイエットセット icon

第4位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第5位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第6位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

第7位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第8位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第9位 濃縮ウコン 30日分(パウチ入) icon

第10位 ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

2005年08月08日

ヘム鉄とは?その4

★鉄分の吸収を妨げる成分にご注意!

日頃の食事には鉄分の吸収を助ける成分だけではありません。
一緒に摂取することによって吸収率が低下してしまう場合もあります。

有名な成分ではタンニンもその1つです。
タンニンと言えばその名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

タンニンとは、お茶やコーヒーに含まれる成分で、抗ガン作用で有名になったカテキンという名前でも知られています。(科学的に言えばタンニン=カテキンとはちょっと違うようです)。

難しい話は無しにしまして、タンニンには鉄と結びついて吸収率を下げる働きがあります。

とは言いましても、その働きは軽いものですので、サプリメント等で鉄分を摂取する場合では影響を受けない程鉄分の量の方が多いので、お茶と同時に摂取しても心配する程ではありません。一般的に飲むお茶の量であれば問題ないようで、適量が大切です。

iconicon
ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

2005年08月07日

ヘム鉄とは?その3

★さらに鉄分を効果的に摂取するには

鉄分というのは100摂取したからといっても、100吸収される訳ではありません。
吸収率の良いと言われるヘム鉄においても15~25%程度だと言われています。

ところがこの鉄分をさらに効果的に摂取する方法があるのです。

それは、

1.ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取する
ビタミンCはヘム鉄に作用して、さらに吸収しやすい形に変化させてくれます。

2.非ヘム鉄と一緒に摂取する
動物性食品に多く含まれるヘム鉄に対して、植物性食品に多く含まれる非ヘム鉄と一緒に摂取すると吸収率が向上します。

サプリメントだけではなく、日頃の食事からも鉄分を摂取したいという方は野菜などと一緒に摂取することもオススメです。

3.果実酸と一緒に取る
果物や野菜、穀物などに多く含まれる果実酸にも、吸収しやすい状態へと変化させてくれる働きがあるので同時に摂取すると効果的なようです。

このように鉄分だけでなく、色々な栄養素と同時に摂取することで効果が向上します。

つまり、日常の食事をバランス良く取り、その不足分をヘム鉄サプリメントとして補う方法が貧血解消にも体にも一番良いということです。

ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

2005年08月06日

ヘム鉄とは?その2

★一日に必要な鉄分量は?

鉄分は貧血に効果的ということはわかりました。
では1日当たりどのくらいの鉄分量が必要なのでしょうか。

一般的な健康な成人男性では、約4gの鉄が存在しているそうです。 もちろん、毎日の生活において少しずつ体内の鉄分は失われます。

その減少量は約1mg/日と言われており、その鉄分は食事で補給しなければなりません。 およその目安で言いますと、吸収率が約10%と仮定して10mg程度が一日の必要摂取量となります。

ちなみに成人女性が必要な摂取量は12mg/日、生理や妊娠時期など特に鉄分の不足が心配される場合はさらに摂取する必要があります。このことからも、男性より女性の方が貧血になりやすい理由がわかります。

しかし、必要鉄分量を摂取するには、鉄分が豊富なレバーで換算しても数kgというとんでもない量になってしまいます。その点、サプリメントなら普段の食生活ではなかなか摂りにくいヘム鉄を効果的に補うことができるのです。

ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

「ヘム鉄とは?その3」へ続く

2005年08月05日

ヘム鉄とは?その1

★ヘム鉄と非ヘム鉄

ヘム鉄とは、体内に吸収されやすい鉄分のことで、主に肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。また鉄分には、野菜や穀類に含まれる非ヘム鉄も存在します。

植物性食品に多く含まれる非ヘム鉄の吸収率は一般的に約2~5%程度ですが、動物性食品に多く含まれるヘム鉄に関してはなんと15~25%もの吸収率を誇ります。つまり約5~7倍もの吸収率差となり、ヘム鉄の方が効率良く摂取することが可能という訳です。

このヘム鉄は血液中のヘモグロビンと結びつきやすい性質がありますので、体内全体に酸素を供給することを助け、貧血予防や体内酸素を定量に保つなどの効果があるのです。

一般的に「貧血には鉄分を取ろう」と言われる理由はここにあるようです。このことから、ヘム鉄は貧血を予防する健康食品として人気急上昇なのです。

ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

「ヘム鉄とは?その2」へ続く

2005年08月04日

キトサンとは?その3

■キトサンは体内の不要物を排出してくれる

キトサンには重金属類を捕捉する働きがあります。 例えば、重金属類といった人間にとって害を及ぼすものが当てはまります。

こういった特徴を生かして工業分野では汚水処理などに用いられている程だそうです。

■たくさんの効果が期待できるキトサン

キトサンは健康食品の中でも、機能性食品と呼ぱれ、生体に対して非常に有用な働きをしてくれます。上記でご紹介した以外にも、キトサンにはたくさんの作用が認められています。

例えば、

等です。

もちろん、キトサンを摂取すればすべてが改善するというわけではありません。大切なのは毎日の規則正しい食事や運動です。その上でキトサンを適量摂取すれば、その効果向上が期待できます。

iconicon
キトサン 30日分(パウチ入) icon

2005年08月03日

キトサンとは?その2

■キトサンはダイエットに効果がある

食事として摂取された脂肪分は、体内で消化されるために胆汁と混ざります。この胆汁に含まれている胆汁酸やリン脂質という成分は、脂肪と混じり合って油になります。

この油をキトサンが吸着して体外へ排出してくれるので、体内に吸収されず、つまりダイエット効果となるのです。しかもキトサンはもともと食物繊維ですので、便秘の解消にも効果があり、ダイエットだけでなく美肌にも効果があるのです。

■キトサンは高血圧を抑制する効果がある

キトサンは胆汁酸という成分を吸着して排出してくれます。この胆汁酸という成分は肝臓がコレステロールを原料として生成される成分ですので、つまり、体内にあるコレステロールを使ってくれるのです。ということは・・・血液中のコレステロール値が下がり、高血圧を抑制する効果があるという訳です。

さらには高血圧の改善だけでなく、ダイエットや便秘の解消、病気に対する免疫力向上などたくさんの効果が実証されています。

まだまだキトサンの効果はあります・・・。

キトサン 30日分(パウチ入) icon

「キトサンとは?その3」へ続く

2005年08月02日

キトサンとは?その1

キトサンは体内の脂肪を吸着して排出してくれる

キトサンとは、カニやエビの殻、昆虫の表皮、イカの骨格に含まれる動物性の食物繊維のことです。「20世紀最後の有効物質」と言われ、ダイエットや高血圧にも効果があるとされる健康食品です。

キトサンは地球上に存在する生物のうち、約80%の生物中に存在するそうです。このことからも、もともと生物には必要のある成分であり、体をいたわるためには欠かせない食物繊維であると考えられます。

また、キトサンは健康食品だけでなく、農業作物の成長を促進したり、保湿効果を利用して化粧品に配合されることもあります。

ただし、カニの殻が主原料となっているので、健康食品として摂取される方で甲殻類アレルギーの方はご注意下さい。

キトサン 30日分(パウチ入) icon

「キトサンとは?その2」へ続く

2005年08月01日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年7月18日~7月24日集計分)

フォースリーン、α-リポ酸、カルニチンという、3大ダイエットサプリをまとめてとれる燃焼ダイエットセットが3位にランクイン。燃やすダイエットをパワフルに応援するサプリは、夏のボディの味方ですね! 油っこいものが好きな方の健康をサポートするキトサンも売れています。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第3位 燃焼ダイエットセット icon

第4位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第5位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第6位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第7位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

第8位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第9位 ヘム鉄 30日分(パウチ入) icon

第10位 キトサン 30日分(パウチ入) icon

相互リンク