« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月31日

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年7月18日~7月24日集計分)

大幅な順位変動があった今回のランキング。一番売れたのは、みんなの定番マイルドソープでした。天然成分を配合し、たくさんの泡が肌をやさしく洗い上げます。 そして今回、新色ネイルが2色もトップ10入り!宝石のようにきらめくピンクとパープルが人気です。

第1位 DHCマイルドソープ icon

オリーブバージンオイルとハチミツから生まれた洗顔ソープ。肌に必要なうるおいを残しながら、キメ細かな泡が汚れだけを包んでさっぱり洗い落とします。たっぷり泡立ち、泡切れもすっきり。無香料・無着色だから、デリケートな肌でも安心してお使いいただけます。

第2位 Q10ローション&ミルクセット icon

第3位 DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付) icon

第4位 DHCアルファAホワイトマスク icon

第5位 DHCホワイトソープ icon

第6位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第7位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第8位 DHCピュアソープ(L) icon

第9位 DHC薬用ボディライナー icon

第10位 DHCネイルメーク ニュアンスグラデーションシリーズ(ポップ 新色) icon

2005年07月30日

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年7月11日~7月17日集計分)

暑い季節、汗や皮脂を洗い落としてスッキリしたいですよね。今回は、日本中の顔という顔を洗い上げる、売れまくり洗顔ソープが4位に。ボディはホワイトソープで清潔に保ちましょう。コエンザイムQ10コスメの新・トライアルキットもランクインです。

第1位 コエンザイムQ10トリオセット icon

発売以来話題のコエンザイムQ10高濃度配合スキンケアシリーズ。基本のローション、乳液、クリームをセットにしました。何度も重ねづけし、ラインで使うことで、たっぷりのコエンザイムQ10が肌に浸透。細胞レベルでキメの整うふっくら肌に近づけます。

第2位 DHC Q10パックシート icon

第3位 DHC Q10クリームII icon

第4位 DHCマイルドソープ icon

第5位 DHCホワイトソープ icon

第6位 DHCコエンザイムQ10トライアルキット(特製ポーチ付) icon

第7位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第8位 DHC Q10ウォーターミスト icon

第9位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第10位 DHC薬用サンブロック icon

2005年07月29日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年7月11日~7月17日集計分)

依然好調なフォースリーンとα-リポ酸。燃焼ダイエットの心強い味方です。カルニチンとも合わせてパワフルなダイエットを目指すなら、燃焼ダイエットセットもおすすめです。強い日差しを浴びたら、目もショボショボしがち。ルテイン&ブルーベリーエキスでケアしましょう。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 発芽玄米 icon

第3位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第4位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第5位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第6位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第7位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第8位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

第9位 カルニチン 30日分(パウチ入) icon

第10位 新ダイエットパック icon

2005年07月28日

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年7月4日~7月10日集計分)

いよいよ日差しが強くなってきました。日焼け止めでのUVケアが欠かせませんね。薬用サンブロックは、肌に負担のかからない紫外線防止剤を配合した日焼け止め。こまめに塗りなおすことがコツです。 便利なサイズのあぶらとり紙が10位にランクインしました。

第1位 コエンザイムQ10トリオセット icon

発売以来話題のコエンザイムQ10高濃度配合スキンケアシリーズ。基本のローション、乳液、クリームをセットにしました。何度も重ねづけし、ラインで使うことで、たっぷりのコエンザイムQ10が肌に浸透。細胞レベルでキメの整うふっくら肌に近づけます。

第2位 DHC Q10パックシート icon

第3位 DHC Q10クリームII icon

第4位 DHCホワイトソープ icon

第5位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第6位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第7位 DHC Q10ウォーターミスト icon

第8位 DHC薬用サンブロック icon

第9位 DHCピュアソープ(L) icon

第10位 DHC薬用ボディライナー icon

2005年07月27日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年7月4日~7月10日集計分)

ダイエッターの新しい味方、α-リポ酸が順調な売り上げ。運動時に摂ることでパワフルな燃焼をサポートするカルニチンも売れています! 美容と健康をキープするのに役立つビタミン類をバランスよく1粒に凝縮した、マルチビタミンも好調。一度にまとめて手軽に補えます。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 発芽玄米 icon

第3位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第4位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第5位 新ダイエットパック icon

第6位 カルニチン 30日分(パウチ入) icon

第7位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第8位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第9位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第10位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

2005年07月26日

ロイヤルゼリーとは?(その5)

ローヤルゼリーは噂の活性酸素にも効果がある?

ローヤルゼリーで最も多い成分はタンパク質です。 このタンパク質の中に、「アピシン」と呼ばれるタンパク質があって、細胞を増やしたり、細胞が死ぬのを防ぐ働きがあることが発見されたそうです。また、コレステロールや中性脂肪を減少させる効果も発見されており、至れり尽くせりです。

一般にタンパク質を食べると、胃や腸で消化分解され、ペプチドやアミノ酸という物質になり吸収されます。このペプチドに強い抗酸化性があることがわかり、老化やガン、生活習慣病などの病気を引き起こす大きな原因になっていると言われる活性酸素に効果があるそうなのです。

つまり、ローヤルゼリーのタンパク質から生成したペプチドという成分には、老化を防いだり、動脈硬化や心臓病、ガンなどの病気を防止する働きが期待できるという訳です。

※参考:社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会

DHCのローヤルゼリー

2005年07月25日

ロイヤルゼリーとは?(その4)

DHCで購入できるローヤルゼリー

DHCでもローヤルゼリーを取り扱っており、売上ランキングTOP10にも毎週入っている程の人気サプリメントです。

こんな方におすすめ

もちろん、効果が期待されるという補助的な効き目ですので、タバコやお酒の量を減らすことが基本です。いくらローヤルゼリーを摂取したところで、たくさん喫煙、飲酒しても良いということにはなりません。

ローヤルゼリーの効果として見られる代表的な発現例

全体的に体の調子を整えたり、疲れにくい体質に改善する効果が期待できます。

iconicon
ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon
のみやすいパウチ入りサプリメントタイプ。値段的にもかなりお得ですので、売上ランキングにも良く登場します。

iconicon
ローヤルゼリー icon
※ネット限定 30日ボトル在庫一掃販売商品です。お得商品。
キャンペーン〆切日:2005/08/10

iconicon
飲むローヤルゼリー icon
ローヤルゼリーは飲みにくいというイメージをお持ちの方にはこれ。生ローヤルゼリーを高配合した健康ドリンクタイプですので、飲みやすく続けられます。

iconicon
飲むローヤルゼリー icon
いかにもローヤルゼリーという感じのドリンクタイプです。1本262円という破格の値段はDHCだけかもしれません。


その他のDHCサプリメントは?

2005年07月24日

ロイヤルゼリーとは?(その3)

ローヤルゼリーの活用方法

これまでローヤルゼリーの成分や特性について各国科学者の研究が進められ、豊富なタンパク質やアミノ酸、ビタミン類を始め、脂肪酸、ミネラル等各種の微量成分がバランスよく配合されていることが明らかにされています。

確かに、これだけたくさんの成分を含んでいますと、生体免疫調整や老化防止などの効果があると世間で評判が広まっていることも納得できます。ただ、ローヤルゼリーが各種の症状に対して有効な結果は多数報告されていますが、実際にどの成分がどの症状に効果があるのかという根拠に関しては科学的に確立されていないようです。

現在もローヤルゼリーに関しては各方面で研究が進められているようです。
その含有成分の効果などが明らかになるにつれて、ローヤルゼリーの持つ健康の維持・増進や美容に対する可能性が大きく広がっていくのではないでしょうか。

つまり、ローヤルゼリーを万能薬と考えるのではなく、あくまで補助的なサプリメントとして摂取することが大切です。

DHCのローヤルゼリー

ローヤルゼリー その4に続く

2005年07月23日

ロイヤルゼリーとは?(その2)

ローヤルゼリーの成分について

ローヤルゼリーには各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸類が含まれていることがわかっています。その成分についてご紹介しておきます。

また、各成分についての説明は別記にてご紹介します。

■ビタミン類

約10種類もの豊富なビタミン類を含み、その中でもビタミンB群は特に豊富で、パントテン酸やアセチルコリンといった現代人に不可欠なビタミンが多く含まれています。

■ミネラル

一般的に約7種類のミネラルが含まれます。特にカルシウムやマグネシウム等の含有量が高いようです。

■アミノ酸

約8種類の必須アミノ酸のほか、14種類のアミノ酸も豊富に含まれています。

必須アミノ酸 アミノ酸

これだけの種類の成分がローヤルゼリーには含まれているそうです。
いかにも、体に良いというのがわかるような気がしますね。

DHCのローヤルゼリー

ローヤルゼリー その3に続く

2005年07月22日

ロイヤルゼリーとは?(その1)

ローヤルゼリーは生後10日前後の若い働きバチが花粉からつくる白い乳状のゼリー状の分泌物ですのことで、別名「王乳」とも呼ばれます。

ハチの幼虫は生後3日間、このローヤルゼリーと呼ばれる分泌物を食べます。その中でも将来女王バチになる幼虫だけは、その後もローヤルゼリーを食べ続けます。そして女王蜂になると、働きバチの40倍も長生きし、最盛期には一日に2000個もの産卵を続けます。この凄い精力の秘密成分としてローヤルゼリーが注目されているのです。

はちみつと混同する人も多いのですが、両者はまったく異質のものです。
はちみつがそのほとんどが糖質であるのに対し、ローヤルゼリーは三大栄養素であるタンパク質、糖質、脂質をはじめ、各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸類が豊富に含まれています。

また、自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていないとされているデセン酸は、生活習慣病を改善する働きがあるとされており、また、美容効果も期待されています。

DHCのローヤルゼリー

ローヤルゼリー その2へ続く

2005年07月21日

フォースリーンとは?

フォースリーンとは、南アジアに自生するコレウスフォルスコリというシソ科の植物の根から特許製法によって調整された抽出物のことです。 最近では「フォースリーンダイエット」と呼ばれる、LBM(除脂肪体重)を増加させるダイエット方法として有名な成分です。

LBM(除脂肪体重)って何?

LBM(除脂肪体重)とは体脂肪以外の組織(筋肉や骨、内臓など)の総量です。 例えば、LBMが多いということは「筋肉の量が多い=基礎代謝」が多いということです。つまり、LBMをできるだけ減らさないように、体脂肪を落としていくことがダイエットにおいて重要なのです。

無理なダイエットは逆効果

例えば、急激なダイエットをして体重が5kg減ったとします。 この5kgの内訳としましては、殆どが水分と筋肉です。要するに内臓脂肪などの本来減らなければならない脂肪が減らずに、体に負担をかけているだけです。

しかも、急激な体重の減少により、体は反対に脂肪を蓄えようとしますので、燃費の良い体質になってしまいます。その反動でドカ食いをしてしまうと、増えた体重はすべて体脂肪になり、体重は前と同じでも筋肉量が減り、体内の脂肪は確実に増加してしまいますので、かえって太りやすい体質になります。これがいわゆるリバウンドです。こうならないためにも、LBM(除脂肪体重)を増やす必要があるのです。

さらに言いますと、もしLBMが低くなればダイエットに関わることだけにとどまらず、身体に必要な栄養素を十分に循環できなくなり、身体機能障害なども引き起こすことがあります。無理なダイエットは、このような理由からも危険が伴います。

年齢と共に減少するLBM

厄介なことに、年齢を重ねるごとにLBMは減少してしまいます。すると基礎代謝は低下し、エネルギーを消費しにくい体質となるため、その結果、中年太りのような太りやすい、リバウンドしやすい体質になってしまいます。そこで、太りにくい体をつくるLBMを増加させ、ダイエットを手伝ってくれる成分として、近年注目を浴びているのがフォースリーンです。

フォースリーンで体脂肪を燃焼しやすい体を作る

フォースリーンは、体内の代謝および食事誘発性熱産生を調節し、筋肉などの除脂肪体重を維持又は増加させます。それによってエネルギー燃焼効率が上がり、太りにくい体を作ります。このことから、ダイエットやリバウンド対策としてアメリカでも一躍人気となったダイエット成分です。ちなみにDHCのサプリメント売上ランキングにおいても、毎回上位に上がっています。

さらにDHCのフォースリーンiconには、ビタミンB1、B2、B6がプラスされています。 摂取方法としては朝と夜など、食事の前に分けて取るのが良いようです。

ただ、一度にたくさん摂取しても、その分効果が上がるというものではなく、適量を見定めることが大切です。仮に倍の量を摂取しても効果は殆ど同じです。そればかりか、反対にお腹がゆるくなることもあるようですので、少なめから少しずつ体調に合わせて摂取量を増やしていくことをお勧めします。

iconicon
フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

2005年07月20日

リバウンドのないダイエットを考える!

危険な食事制限ダイエット

一般的にダイエットと言いますと、食事制限をしたりする方が多いのではないでしょうか。ただ、食事制限によるダイエットは、やせるのと同時に筋肉までやせ細ってしまいます。さらにカルシウム不足などによって骨までスカスカになってしまっては意味がありません。

食事制限をしますと、「少ない栄養分でなんとか頑張ろう」と体内に必死で栄養分を蓄えようとします。(人間の体ってうまいことできてるんだなぁと関心・・・)。

一旦こういった体質になってしまいますと、なかなか元に戻りにくくなってしまいます。 さらにこの状態で食事制限を解除すると、今までやりくりできていた以上に栄養分が吸収されることになってしまいますので、元の体重以上にリバウンドということになってしまいます。このことから食事制限でのダイエットはお勧めできません。

大切なのはバランスの良い食事

そこでどうすれば良いのかと言いますと、食事制限をせずにダイエットする方法です。 食事制限をしないと言いましても、肉を控えて魚にするとか、油は極力控えるなどの制限は必要です。大切なことは、低カロリーでバランスの良い食事をすることです。

よくおかずだけ食べて、米やパンなどの炭水化物を食べないという方がおられます。 これも上記と同様の話になりますし、炭水化物なしでは健康な食生活とは言えませんのでやめた方が良いでしょう。

短期間で体重減という甘い誘惑・・・

よく「○週間で○kg体重減!」というフレーズを目にします。

実際、そうなった方もおられるでしょうし、そんな訳ないとか批判するつもりもありません。

ところが短期間での体重減という効果は、一瞬の出来事で終わってしまうことが大半です。それなら、少し長い目でリバウンドしない体を作る方があきらかに効率が良いですし、体にも負担がかかりません。

また、日頃の生活に置いて、ランニングとまでは言いませんが、散歩やウォーキングなどはその体質を作る効果を数倍にも高めてくれますので、面倒ですが頑張りたいものです。

十分な睡眠と軽い運動、バランスの良い食事と不足栄養分をカバーするサプリメントという基本中の基本を忘れてないでおきましょう。反対に言えば、サプリメントだけに頼ることも効果が半減されるでしょう。

2005年07月19日

オルニチンとは?その3

オルニチンについてもう少しだけ・・・

実はオルニチンの優れた働きはこれだけではないのです。オルニチンは皮膚組織の大部分に大量に存在していることがわかっており、肌が傷ついた際に肌を修復させる為に働きます。

若い頃の肌は、少々日焼けなどをしても時間がたてば回復しますが、オルニチンが20代頃から減少し始めることを考えますと、なかなかそうはいきません。

また摂るタイミングは睡眠前か、運動前が良いといわれています。それは人間の成長ホルモンの分泌は、運動時と睡眠時が最も多くなるという理由からです。睡眠前や運動前に効率よくオルニチンを補給する事で、睡眠・運動時の代謝を促進して、脂肪の燃焼を促す事ができます。

オルニチン 30日分(パウチ入) icon

2005年07月18日

オルニチンとは?その2

さらにオルニチンには肝臓に良いと言われます。

そもそも肝臓といいますと、体内には必要がないだけでなく害にもなるアンモニアを無害な尿素(いわゆるおしっこ)に変えてくれる臓器です。

このアンモニアを尿素に変えるのに必要な成分の一つがオルニチンであり、肝臓の働きを活性化してくれる効果があるのです。

また、肝臓はお酒を分解してくれる効用もありますので、お酒を飲み過ぎた時や二日酔い等の時も同様にオルニチンが効果を発揮します。

ちなみに食物でオルニチンを豊富に含むのはしじみです。 だから、お酒を飲み過ぎた時にしじみのみそ汁を飲むと楽になると言われるのもその理由の一つなのです。

オルニチン 30日分(パウチ入) icon

その3に続く

2005年07月17日

オルニチンとは?その1

オルニチンは、ダイエットや美肌に影響を与える成分として話題のサプリメントです。アミノ酸というたんぱく質を分解した栄養素として日常的に摂取しているものですので、非常に安全性の高いサプリメントと言われています。

成長ホルモンの分泌を促す効果で筋肉増強!

オルニチンにはずばり筋肉量を増やす働きがあります。なぜかと言いますと、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるためです。

成長ホルモンとは糖や脂肪等の分解に関わる、筋肉の発達や丈夫な骨の形成に役立っている成分なのですが、20代頃から分泌量が減少してしまうのです。

そのため、オルニチンが不足してしまうと、筋肉増強という効果も少なくなってしまいますので、その結果、筋肉が燃焼させる体脂肪も体内に蓄積されやすくなるのです。

不足分のオルニチンを補給することによって、筋肉を増やして基礎代謝を上げる

これが食事として摂取した糖や脂肪をエネルギーとして消費しやすい体をつくり、結果、太りにくい体質に改善する効果があるのです。

オルニチン 30日分(パウチ入) icon

その2へ続く

2005年07月16日

カルニチンとは?

カルニチンとは、人体に含まれているアミノ酸のひとつで、エネルギー代謝に深く関係している物質です。体内へ取り入れられた脂肪やブドウ糖は、ミトコンドリアという細胞内で燃焼してエネルギーに変化させています。その脂肪やブドウ糖の運搬役をしているのがカルニチンであり、脂肪を燃焼してくれる効果が期待できるのです。

●脂肪を燃やしてくれる!

例えばスポーツをしたり、散歩をする場合にも、体内にカルニチンが多くある方がその効果は高くなります。しかも、疲れの原因である乳酸を貯めない働きもあることがわかっているので、運動してても疲れにくくなるという利点もあります。

このことから、ダイエットに定番のサプリとして人気が高く、またスポーツを楽しむ方にも効果的です。

●年齢とともに減っていくカルニチン

カルニチンの量が十分だと、脂肪がエネルギーに変わりやすいので太りにくいと言えます。また、余分なコレステロールの増加を防ぐ働きもあるそうです。

このカルニチンは脂肪と同様、もともと体内にあるものなのですが、20代をピークに減少してしまいます。つまり、食事で取った糖や脂肪が燃焼されにくくなり、中年太りの原因となることが多いのです。

●効率的な摂取方法

食事で摂取することも可能ですが、大量の食事となってしまい、しかも毎日と考えると現実的ではありません。そこでサプリメントとしての摂取が人気となっているのです。

更に付け加えておきますと、糖の燃焼に働きかけるαリポ酸との併用が、脂肪と糖の燃焼による相乗効果により効果が高まることが立証されています。

カルニチンはこんな方におすすめです!

DHCで購入できるカルニチン

iconicon
カルニチン 30日分(パウチ入) icon

脂肪分対策をサポート 1,932円(税込)

2005年07月15日

コエンザイムQ10を試す!

DHCのコエンザイムQ10化粧品についての使用感をレポートします。

私の場合、まず、DHCマイルドソープ iconで洗顔します。このマイルドソープもかなり人気があるのは皆さんご存じだと思います。固形石けんは突っ張るという固定概念を覆した人気NO.1ソープです。このマイルドソープについてのレポートはまた別記にて。

私が使用しているコエンザイムQ10シリーズは

です。

q10_1.gif

ちなみにローションはキャップ方式、ミルクはスプレー方式です。

q10_2.gif

DHC Q10ローションで浸透させる

まず、ローションをコットンに取ります。ちなみにDHCシルキーコットン iconです。

q10_3.gif

少し色が黄色っぽいのがわかります。コエンザイムQ10の色(?)なんでしょうか。
q10_4.gif

個人的には「優しく、細かく、長く」を基本にパッティングしています。
また、ローションの使用量をケチってしまうとと効果がないような気がしますので、ちょっと多めを心がけています。
とは言いましても、使い過ぎはもったいないだけなので、見極めが大切です。

さて、少し長めにパッティングしていますと、少しずつ肌の表面が涼しくなってきます。もちろん個人差によりますので、参考程度にお考え下さい。

始めはサラサラ感があるのですが、少しずつしっとり感に変わってきます。 この感覚が出てきたら、私には「浸透した!」と実感した証拠ですので、続いてミルクに移ります。



DHC Q10ミルクで保湿させる

ミルクはローションよりもさらに黄色っぽいのがわかります。コエンザイムが濃いのでしょうか。

q10_5.gif

スプレーのようなプッシュ式になっていますので、適量を手に取ります。 1回ではちょっと少ない感じがしますので、私は2回押しています。

後は手に少しずつ取って、「浸透しますように・・・」と念じながら、顔全体になじませます。 このミルクに関しましては、ローション(化粧水)程時間をかけずにサッと仕上げた方が後々の感覚が良いような気がします。



浸透するのをのんびり楽しむ

あとはお風呂上がりの水分補給をしながら、のんびりとコエンザイムQ10が浸透していく感覚を楽しむだけです。 コエンザイムの濃度が濃いためか、しばらくしっとり感が続きます。 その後はサラサラと乾いてはきますが、肌はプルプルになります。

私は寝る寸前にお風呂に入りますので、しっとり感が続いたまま眠りに落ち・・・、 朝起きるとプルプル肌になっているという感じです。

私も始めは 「本当にコエンザイムQ10なんて効くのかなぁ。」 と思っていた1人ですが、もともとDHCマイルドソープはずっと使っており、その使用感に惚れていたこともあり、試してみたのがきっかけです。

結果は上記でお話ししたとおりですが、さすが、世間で騒がれているだけのことはあるなと感心したました。



コエンザイムQ10は誰にも効くのか?

ちなみに男性にも効くのかと思い、ダンナにも無理矢理試してみました。 始めはダンナも半信半疑でしたが、試用後は
「うぉっ!」
と私と同じ感想を漏らしていました。

基本的にコエンザイムという成分は体内にある成分であり、不足している分を補給してあげるだけの話なので、男性女性に関わらず効果はあるようです。

ご近所でもたくさん使われている奥様方がおられますが(年齢層色々・・・)、肌に合わないという方はいません。よほどの敏感肌でなければ大丈夫なのではないかと思います。

ちなみにDHCのコエンザイムQ10シリーズは国内基準で最高濃度のQ10を配合しています。しかも、ローションとミルクの相乗効果で2倍以上の高濃度で肌うるおいが期待できます。

Q10ローション&ミルクセット詳細 icon
通常価格2点合計5,250円がなんと3,150円

コエンザイムQ10トリオセット詳細 icon
通常価格3点合計9,975円が7/13までの限定でなんと5,250円

iconicon

2005年07月14日

DHCで購入できる海洋深層水ラインナップは?

DHC栗駒深層

iconicon

■500ml×24本入り 1箱2,268円(1本当たり94円)
■2L×6本入り icon 1箱1,134円(1本当たり189円) キャンペーン中ならさらにお得です。

体に優しい弱アルカリ性

ほどよいミネラルを含んだ硬度28mg/Lの軟水で、人間の体液や血液に近く体内への吸収率が高いpH8.0の弱アルカリ性。体に優しく、やわらかい味わいが特徴のナチュラルミネラルウォーターです。

非加熱処理による水本来のおいしさ

加熱処理を一切おこなわなず常温でボトリングすることにより、汲みたての自然なおいしさが生きた、フレッシュなナチュラルミネラルウォーターを実現。水そのもののおいしさをじっくりと味わうことができます。

おすすめ使用用途

2005年07月13日

海洋深層水の利用例

新たな資源として注目される海洋深層水はその優れた特性から、食品・飲料・健康・美容・医療などの分野で、すでに幅広く使用されています。特に健康や美容としての認知度は高いのは皆様もご存じだと思います。

例えば、海洋深層水は高水圧のため、水の分子量が小さく、体内や皮膚への浸透性にとても優れているのが特長です。

もともと、私達の体液は海洋深層水と同じミネラルバランスを持っているそうです。そのため、海洋深層水を化粧品に利用すると、お肌にとてもなじみやすく浸透しやすくなるという訳です。

2005年07月12日

海洋深層水の特徴

■水がキレイ!

水深200メートル以下では水質悪化の原因になる有機物が少なく、一般細菌等による汚染がほとんどありません。また、海洋深層水は極海の海域で冷えて比重が重くなった海水が海中深く沈み込みます。つまり長い年月の間、一度も大気に触れることがないため、陸や大気からの化学物質による汚染(最近で良く耳にするのはダイオキシン等)の可能性も少ないのです。

■バランスの良い豊富なミネラル分!

海洋深層水には栄養物質を消費する植物プランクトンが存在しませんので、含まれている栄養物質が失われることなく豊富に含まれています。例えば、生物に必要なカルシウムやマグネシウム等の主要ミネラルが含まれていますので、細胞の働きを助けてくれる効果があります。

ミネラルは体内で合成することができませんので、ミネラルが豊富に含まれている海洋深層水で補給することができるのです。

2005年07月11日

DHCインナー売れ筋ベスト10 (2005年6月27日~7月4日集計分)

スッキリしたデザインながら、バストを美しく見せるブラは、シャツやカットソーを一枚だけで着る季節に欠かせないアイテム。安定感のあるつけ心地で、しっかりバストアップします。ちりばめられた小さいハート柄が魅力的なブラもランクインです。

第1位 ソフトストレッチモールドブラ icon

第2位 マリーナボクサー

販売終了しました。

第3位 マリーナブラ

販売終了しました。

第4位 ストラップレスモールドブラ icon

第5位 ヘムショーツ icon

第6位 コットンヒップハングショーツ icon

第7位 リトルラヴブラ icon

第8位 マリーナキャミ

販売終了しました。

第9位 フラワーレースブラ icon

第10位 コットンブラ icon

2005年07月10日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年6月27日~7月4日集計分)

フォースリーン、α-リポ酸が上位をキープ。リバウンドが気になる方や、年齢とともにやせにくくなったと感じているダイエッターの方々に人気を集めています。脂肪燃焼に働きかけるカルニチンも、運動のお供に。ふっくらおいしい発芽玄米も好調です。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第3位 発芽玄米 icon

第4位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第5位 カルニチン 30日分(パウチ入) icon

第6位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第7位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第8位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第9位 新ダイエットパック icon

第10位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

海洋深層水とは?

海洋深層水とは、およそ水深200mより深いところにある海水のことです。

深度200m以深では太陽光線が届かないため温度が低くくなり、細菌が少なく、ミネラル分を豊富に含むようになります。ちなみに地球上に存在する海水の約95%が海洋深層水だそうですので、その資源としての価値が注目されているのです。

2005年07月09日

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年6月27日~7月3日集計分)

今週もコエンザイムQ10トリオセットが第1位でした。やはり人気があるだけあって、評判が高いことがよくわかります。

第1位 コエンザイムQ10トリオセット icon

発売以来話題のコエンザイムQ10高濃度配合スキンケアシリーズ。基本のローション、乳液、クリームをセットにしました。何度も重ねづけし、ラインで使うことで、たっぷりのコエンザイムQ10が肌に浸透。細胞レベルでキメの整うふっくら肌に近づけます。

第2位 DHC Q10パックシート icon

第3位 DHC Q10クリームII icon

第4位 DHCホワイトソープ icon

第5位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第6位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第7位 DHC薬用サンブロック icon

第8位 DHC Q10ウォーターミスト icon

第9位 DHCピュアソープ(L) icon

第10位 DHC薬用ボディライナー icon

DHCで購入できるルテイン補給商品は?

DHCの「ルテインシリーズ」 は高いリピート率で購入された方の多くが続けられています。是非一度お試しになってはいかがでしょうか。

いつまでもクリアな視界を保つためのルテインをサプリメントとして摂取するには、

ルテイン 30日分(パウチ入)

2005/08/10までキャンペーン中 1,470円→ 1,029円(税込)

iconicon

ルテイン

※ネット限定 30日ボトル在庫一掃販売商品です。

2005/08/10までキャンペーン中 1,995円→ 1,029円(税込)

iconicon

2005年07月08日

あくまで栄養補助食品としての考え方を

栄養補助食品は栄養素摂取を効果的に補います。食品によるルテイン摂取を感じられるのであれば、栄養補助食品を使うという選択肢となるのです。

ただ栄養補助食品はあくまでも「食品」です。疾病の予防を意図して摂取されることがあったとしても、治療効果を確実に期待できる「医薬品」ではありません。

これまでルテインサプリメントの副作用についての報告はなく安全だと言えるでしょう。ただ胃に負担がかかる場合がありますので、ルテインだけでなく栄養補助食品は普通の食事と一緒に摂るようにしましょう。そうしますと、他の脂溶性栄養素との結びつき効果が得られますので、身体にもしっかりと吸収されます。

ちなみに食品栄養委員会ではルテイン摂取量の上限を定めていないようです。 ただ、取り過ぎは胃に負担がかかる可能性があるだけでなく、摂取できる効率を考えましても良くないでしょう。学者さんとしては、一日あたり6ミリグラム以上のルテイン摂取を勧めているそうです。DHCではそのあたりも考慮にいれられているようです。

眼をいたわる方法とは?

眼が悪くなってからでなく、若いころから目の健康に気を使うのは良いことです。
白内障は高齢になってからかかるものと言われていますが、10代から30代後半の間に過剰に外光を眼に受けると、その症状が早まることがわかっています。

眼を守るためには、基本的なことですが下記のような予防が必要ではないでしょうか。

  1. 飲酒量を控える
  2. タバコを吸わない
  3. サングラスを着用する
  4. ストレスを貯めないように適度に体を動かす
  5. 日頃から栄養バランスの良い食事を心掛ける
  6. それでも足りないルテインはサプリメントで補給する

すべて当たり前と言われればそれまでですが、やはり基本は大切ということではないでしょうか。
ただ、サプリメントだけでなく日頃からも出来る限り予防する気持ちを持っておくことが大切です。

2005年07月07日

ルテインは眼以外の身体部分に効果がある?

ルテインは白内障や緑内障など眼の疾病に効果があることは良く知られています。ところが研究が進んでいくに従って、他の効果にも注目されてきています。

例えば、下記のような効果があることがわかってきました。

結腸癌

ルテインと結腸ガンについての最新研究によると、ホウレンソウ、ブロッコリーなどルテインが豊富に含まれる食品の摂取量が高い方は、結腸ガンの発病率が低いことがわかっています。報告ではそのリスクは最高17%まで軽減されるとのことです。

乳癌

女性特有の疾病ですが、ルテインと他数種のカロテノイドは乳房組織の血清に蓄積され、細胞分裂を効果的に抑えることで乳癌のリスクを軽減させるそうです。

皮膚の健康

ルテインにはしわの原因となる酸化ストレスから皮膚細胞を守る働きがあることがわかっており、唇やほおのラインを整える組織、または顔面組織内でも発見されています。

2005年07月06日

ルテインは眼を健康に保つ成分

●ルテインは光に強い!

ルテインは、ダメージを与える光そのものを遮る役割があります。また抗酸化による相乗効果もありますので、眼に良い成分として有名です。

●ルテインは青い光を吸収する!

ルテインは光を遮るだけでなく、眼にダメージを与える青い光を吸収してくれます。このため、眼構造の奥に届く前に眼構造の手前でダメージを軽減してくれます。

●ルテインは視力を改善してくれる!

ルテインは最近の研究により、さまざまな形で視力を改善することがわかっています。

このことからルテインを含む栄養補助食品の利用は高まっており、食品によるルテインの摂取が少なくても、不足分を補うことができます。また、白内障などの予防のためにも利用される方が多くなっています。

2005年07月05日

人の眼は常にダメージを受けている!

人の眼は水晶体や網膜といった部位によって構成されています。つまりこの部位が機能を果たさなくなると視力が低下するのです。

物が見えるという行為は、外からの光がこの水晶体や網膜に届き、情報を認知することによって見えるということになるのですが、外からの光というものはすべてが眼にとって無害という訳ではありません。

例えば人に対して害を与える光線としては紫外線が有名ですが、その他にも青い光等は光線の中で最も高いエネルギーを持つもので、細胞に与えるダメージも強力です。

ここで言う青い光とは蛍光灯やテレビ、パソコン、ゲームなどから発せられる光のことであり、日々ダメージを直接受けていることになります。

このため少しでも外光からのダメージを抑制しておくことが大切です。この役割を果たしているのがルテインなのです。

ルテインとは?

ルテインとは野菜や果物等に含まれる成分の一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。体内では眼や肌などに元々存在しており、強い抗酸化作用を持っているので、体の健康維持に役立っています。

ルテインを含む野菜(100g中)

※ルテインの推奨摂取量は1日6mgが目安

もちろん日々の食事でこのルテインを補充することが大切なのですが必要なルテイン量はかなり多く、食事だけで摂取することはなかなかできません。例えば、1年365日毎日ほうれん草を食べ続けるなんて実質不可能です。また一日に大量に取り過ぎるのも意味がなく、毎日少しずつ適量を摂取することが大切です。

仮にこのルテインが不足すると白内障や緑内障、加齢黄斑変性症という、加齢にともなって現れる疾患となります。さらに最近では若い世代の間でも起こりうる疾患となってきているようで、現代人の栄養の偏った食生活、ストレスなどによって、年齢を問わずに眼疾患リスクが高まっているのです。

もちろん、ルテインの不足だけが原因ではありませんが、予防策としてルテインサプリメントを摂取する方も多いようです。

DHCインナー売れ筋ベスト10 (2005年6月20日~6月26日集計分)

夏らしい元気な印象のボーダー柄インナーが、今週も好調。同じ色のブラやショーツ、キャミで揃えるほか、色違いで揃えるのも楽しいですね。パステルカラーとたっぷりのレースがスウィートな気分にしてくれる、フラワーレースブラ&セットショーツも人気です。

第1位 マリーナブラ

販売終了しました。

第2位 マリーナボクサー

販売終了しました。

第3位 ソフトストレッチモールドブラ icon

第4位 マリーナキャミ

販売終了しました。

第5位 ストラップレスモールドブラ icon

第6位 コットンヒップハングショーツ icon

第7位 マリーナショーツ

販売終了しました。

第8位 ヘムショーツ icon

第9位 フラワーレースブラ icon

第10位 フラワーレースブラセットショーツ icon

アルファリポ酸は相乗効果がある!

アルファリポ酸は非常に強力な抗酸化防止剤(ビタミン)です。

抗酸化防止剤というのは、空気中の酸素に触れて酸化し、変質することを防ぐために添加される物質のことで、外面的な効果といいますと肌がキレイになること等が期待できます。

またアルファリポ酸自体が強い抗酸化物というだけでなく、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10など他の抗酸化物を体の中で再びリサイクルさせてくれる働きもあります。

つまり、アルファリポ酸をサプリメントとして取る場合は、ビタミンやコエンザイムQ10と組み合わせることによって相乗効果が得られるようです。

2005年07月04日

品質推奨マークの必要性

このように長所の多いコエンザイムQ10ですが、サプリメント等信頼できるショップで購入することが大切です。

※日本コエンザイムQ協会の第一回研究会より引用(わかりやすいように一部修正しています)
「コエンザイムQ10含有サプリメントの品質管理の現状」について調べた限りでは、わが国で市販されているコエンザイムQ10含有サプリメントの大多数は、比較的良く品質管理がなされていました。残念ながら、一部の製品は満足のいくものではありませんでした。消費者保護のためにも、粗悪品が市場へ大量に流通し、コエンザイムQ10の真価が発揮されないことを防ぐのが協会の使命と考えています。 そこで、私たち日本コエンザイムQ協会は、コエンザイムQ10の記載されている含有量が正確で、さらに十分な体内吸収が確認できる製品には、協会の推奨マークをつけていただきたいと考えています。品質推奨マークを早期に実現して、百年に一度の素材といわれているコエンザイムQ10のよさを、より多くの方々に、安心して体感していただきたいと願っております。

ということです。
このことから高い品質管理で販売されているサプリメントを確認するようにしましょう。

2005年07月03日

DHC健康食品売れ筋ベスト10 (2005年6月20日~6月26日集計分)

5位までは先週と変動なしです。特にフォースリーン、α-リポ酸が大ヒット中です。また、食べ過ぎ、むくみ、代謝の低下など、肥満や体重増加を抑制する新ダイエットパックも人気急上昇中です。

第1位 フォースリーン 30日分(パウチ入) icon

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

第2位 α(アルファ)-リポ酸 4個セット icon

第3位 発芽玄米 icon

第4位 α(アルファ)-リポ酸 30日分(パウチ入)icon

第5位 ルテイン 30日分(パウチ入) icon

第6位 カルニチン 30日分(パウチ入) icon

第7位 ローヤルゼリー 30日分(パウチ入) icon

第8位 新ダイエットパック icon

第9位 マルチビタミン徳用90日分 icon

第10位 ブルーベリーエキス 30日分(パウチ入) icon

DHC化粧品売れ筋ベスト10 (2005年6月20日~6月26日集計分)

やはりQ10シリーズが強いのがわかります。その中でもラインで使えるトリオセットは特に人気が高いようです。

第1位 コエンザイムQ10トリオセット icon

発売以来話題のコエンザイムQ10高濃度配合スキンケアシリーズ。基本のローション、乳液、クリームをセットにしました。何度も重ねづけし、ラインで使うことで、たっぷりのコエンザイムQ10が肌に浸透。細胞レベルでキメの整うふっくら肌に近づけます。

第2位 DHC Q10パックシート icon

第3位 DHC Q10クリームII icon

第4位 DHCホワイトソープ icon

第5位 DHCレスヘアスキンクリーム icon

第6位 DHC薬用ブロッティングローション icon

第7位 DHC薬用サンブロック icon

第8位 DHC Q10ウォーターミスト icon

第9位 DHCピュアソープ(L) icon

第10位 DHC薬用ボディライナー icon

アルファリポ酸の美容効果のメカニズム

アルファリポ酸は肌の毛細血管まで移動することが出来ますので、皮膚の再現性を高める働きがあります。つまり様々な体の内部からの美容効果があるということです。

アルファリポ酸をサプリメントとして摂取することによって得られる効果としては、

  1. 紫外線などのお肌へのダメージを最小限に抑える
  2. 年齢によるお肌へのダメージを緩和し、新しい皮膚の再生を促す
  3. お肌のうるおいを保つ
  4. しみ・しわの形成を食い止めるはたらき
  5. 体の血液の循環を活発にし、冷え性の改善効果等

として研究の結果わかっているようです。

アルファリポ酸で美しくありたい!」、「アルファリポ酸でダイエットをしたい!」という方にはアルファリポ酸がオススメだと言えます。

2005年07月02日

アルファリポ酸の効果

アルファリポ酸にはたくさんの効果が立証されています。

例えば、

ダイエットのために血糖値を安定させる効果

アルファリポ酸には、体内のミトコンドリアを活性化する作用があり、摂取した脂肪を燃焼しやすくする効果があります。また血中のブドウ糖の排出をスムーズに行なわせる働きがあります。

日本人の主食であるご飯やパンの炭水化物は体内でブドウ糖になりますので、これが肥満の原因と考えられているため、「ダイエットのために主食を食べない」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、もちろん主食を抜くという食事サイクルは体に良いわけもなく、反対に体を壊しかねません。そこで、アルファリポ酸を摂取し血糖値を安定させれば、美味しく食事を楽しみながら、主食抜きダイエットと同様の効果が期待できるのではないでしょうか。

肌の再生や美肌効果

アルファリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。またコエンザイムQ10やビタミンC・ビタミンEなど他の抗酸化物質が体内で使われた後もそれらを再生しリサイクルさせる働きがあり、体の隅々まで効果を広げることにより、美肌効果、肌の再生などの効果があります。

その他にも肝機能向上やボケ防止にも効果があると言われています。

2005年07月01日

大人気!フォースリーン 30日分(パウチ入)

米国、日本でも大人気!脂肪分対策ダイエットに

発売から10ヶ月半で171万個以上も売れた、大ヒットサプリ。除脂肪体重を減らさず、リバウンドしがちな方にも理想のダイエットを目指せます。食事の前におとりいただくことで、脂肪燃焼に働きかけます。

フォースリーンは、南アジアに自生するコレウスフォルスコリというシソ科植物の根から特許製法により調整された抽出物です。このエキスに、ビタミンB1、B2、B6をプラスしました。

iconicon

期間限定 健康食品キャンペーンにより 通常価格2,572円→ 1,575円(税込)!

DHC コエンザイムQ10配合クリームII

美肌に導く補酵素コエンザイムQ10を、厚生労働省が認めている国内基準上限値まで配合したクリーム。

ふっくらとしたハリとエネルギーに満ちあふれる素肌に導くコエンザイムQ10に、その働きをバックアップする美容成分を豊富に配合。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンがみずみずしく柔らかな肌に整え、オリーブバージンオイル、オリーブリーフエキス、ビタミンB2、ビタミンEが、コエンザイムQ10の効果を高めながらストレスなどでゆらぎがちな肌をケアします。

通常のクリームの約3倍の容量で、たっぷり補えるビッグサイズ、100g入り。

iconicon

期間限定 スキンケアキャンペーンにより 4,725円→ 2,625円!(税込)

アルファリポ酸とは?

アルファリポ酸は別名チオクト酸とも呼ばれ、本来野菜やレバーなどの肉類に豊富に含まれている物質です。

また、日本では医薬品のみに使用が許可されていた素材で、2004年より食品についても使用が許可されました。ちなみにサプリメント先進国アメリカでは1990年代より、アルファリポ酸の抗酸化作用に注目して、ダイエット、アンチエイジング、スキンケアのためのサプリメント素材として使用され、その代表的な存在となっています。

このように食品から摂取することも可能ですが、足りない分を補うため、最近では日本でもサプリメントとしての摂取が注目を浴びています。

アルファリポ酸は、体内の細胞レベルで老化の原因となる酸化を食い止める役割があります。アルファリポ酸の抗酸化物としての研究は特にヨーロッパで進んでおり、肝臓や心臓をダメージから守ったり、体内のガン細胞の発生を抑えたり、体内の炎症が原因で起こるアレルギー、関節炎、喘息などを緩和する働きが発表されているようです。

コエンザイムQ10の適正な摂取方法と安全性

コエンザイムQ10は空腹時では十分に吸収されず効果が半減するそうです。さらに言いますと水にも溶けません。しかし油に溶けやすいという性質がありますので、油分を含む食事の直後に摂取することが効果的です。

ところがいくら体に良いものであっても取りすぎはよくありませんので、適量とすることが大切です。もともとコエンザイムQ10は身体にありますので、安全性には問題ありませんが、サプリメント等に含まれる他の成分にも注意しておく必要があります。DHC以外の他社でも多数サプリメントは販売されていますが、信頼できるショップで購入することをお勧めします。

コエンザイムQ10の効果とは?

私たちの体内細胞の至る所にミトコンドリアは存在しますので、サプリメントとしてコエンザイムQ10を摂取する効果としては多種多様です。よく聞かれるのは、肌がキレイになった、疲れが取れるようになった、二日酔いになりにくくなったという効果です。特にコエンザイムQ10が不足気味な年齢以降の方が強く実感されているようです。

このようにコエンザイムQ10をサプリメントとして摂取しますと、「体の中からキレイになる」、もしくは、「元気になる」ということでしょうか。もちろん、個人によって効果は違ってきますので過剰な期待は禁物です。

また、洗顔や乳液などコエンザイムQ10配合の化粧品などを使用しますと、「体の外からキレイになる」という表現になるのでしょうか。これもまた、個人によって効果は違いますので、一度試されるのも良いのではないでしょうか。確かに近所のお母様方には評判が良いようです。

不足しているコエンザイムQ10を補給することが必要

コエンザイムQ10は毎日の食事から摂取することはできます。しかし、一日100mg程度必要な摂取量を食事でまかなうためには、魚で数十匹、ステーキでも10~20人前程度食べなければならず現実的ではありません。しかしその重要性を考えますと、摂取する必要があると思われる方も多いのではないでしょうか。

そのための補給用として最近テレビCMでも流れているDHCサプリメントが注目を集めて人気急上昇中です。世界中にコエンザイムQ10を供給しているのは日本の数社だけですが、そのうちの一つがDHCオンラインショップです。

相互リンク