>>PR
コエンザイムCOQ10がなんと34%OFF!
●化粧品期間限定キャンペーン
●サプリメント期間限定キャンペーン
●おいしい食品期間限定キャンペーン

2006年08月28日

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)購入レポート その2

温めてみよう

いよいよ、国産十穀粥の試食です。

前回も書きましたが、
この商品は温めなくても美味しいみたいなのですが、
やはり美味しくいただきたいので、温めました。

パッケージの裏面の温め方には、
  ・袋のまま沸騰したお湯に入れ、5分間加熱
  ・中身を袋から出し、深めの容器に移しラップをかけ、
   電子レンジで2分間加熱
の2通りが書いてあります。

今回は早く食べたかった(お湯が沸くまで待ちきれない!!)ので、
電子レンジで加熱することにしました。

jyukkokumai3.gif

ラップを外すと、湯気とともに、何とも言えない
美味しそうな匂いが立ち上ります。


中身(十穀あるか?)チェック


この商品の名前は、『国産十穀粥』。
そう。十種の穀物が入っているのです!
皆さん、本当に、十穀入っているのか、とても気になりますよね?
私ももちろん気になったので、食べる前に十穀を探してみました

jyukkokumai5.gif

いかがでしょう??
なにぶんお粥ですので、トロトロに煮込んである為、
細かい区別が難しい(><)
もしかしたら、同じのが入ってるかも・・・ですが、
主人と二人で目を凝らして探した成果が、上の写真です。
確かに十穀入っていると納得できました^^


ようやく試食


十穀探し終え、少し冷めてしまいましたが、ようやく口へ。

食感は、トロトロした中にもプチプチとした食感があり、
食べ応えがあります。
味は、あっさりしてるけど、しっかり味がついています。
だしがよくきいていて、調味料は少ない、という感じでしょうか。

全部食べてみると、けっこう満腹感もありました


私が作る、白米のみの普通のお粥とは全く違い、
味も食べ応えも十分!
なのでこのお粥は、病気の時だけに食べるのではなく、
健康な時でも、お腹が空いた時に、
一食の食事としての満足感が得られる美味しいお粥でした。


次は、新発売の「国産十ニ穀粥(じゅうにこくがゆ)カレー味」
を食べてみたいなぁ^^


投稿者 mika

2006年08月20日

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)購入レポート その1

今回ご紹介するのは、国産十穀粥(じゅっこくがゆ)です。

icon
icon
国産十穀粥(じゅっこくがゆ)
icon

授乳中の夜食に・・・

私には二人の子どもがいるのですが、
二人とも母乳で育てました。
母乳は赤ちゃんの栄養源で、赤ちゃんが生まれてすぐから
食事のみで全栄養が摂取できるようになる頃(1歳前後)まで
飲み続けるものです。

その母乳が作られるのは、もちろん、お母さんの体内です。
だから、母乳をあげているお母さんは、
自分の栄養と母乳用の栄養が必要になるので、
とってもお腹が空くのです。

でも、母乳は赤ちゃんに直接影響を及ぼすものだから、
それを作るお母さんの食べ物にも気を付けないといけません。

できるだけ体に害を及ぼすもの(食品添加物など)が入っていない。
そして、栄養価は高くても、あまり太らないものの方が
お母さんも嬉しいはず。

そこで目に留まったのが、DHCの国産十穀粥(じゅっこくがゆ)です。
  ・化学調味料は不使用
  ・食物繊維やビタミン、ミネラルをしっかりとれる
  ・94キロカロリーという低カロリー
と言う商品説明に、「授乳中の夜食は、これしかない!!
と思ったのが購入のきっかけでした。


外観チェック

Img0466.gif

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)袋正面

内容量は200gで、常温で保存できるレトルトパウチ入りです。
底にマチがあるので、立てられます。

袋表面には、「十種の雑穀に、大地の恵みがぎっしり・・・」
「国産雑穀100%使用」の文字と、
使われている十穀の名前と写真が載っています。


Img0467.gif

国産十穀粥(じゅっこくがゆ)袋裏面

裏面には、商品の説明と食べ方(温め方)が書いてあります。
その下には、温めなくてもおいしく食べられる、とも書いてあります。
でも、やっぱりお粥は熱い方がおいしいと思ったので、
今回は温めて食べます。


次回は中身チェックと試食です。


投稿者 mika

2006年08月18日

サニタリーショーツ・ボクサータイプ


icon
icon
サニタリーショーツ・ボクサータイプ
icon

今回はいつもと趣向を変えて、インナーのレポートです。

と言っても、私が持っているDHCのインナーは、今のトコロ、
サニタリーショーツ・ボクサータイプだけなのですが・・・。

ちなみに。最初におことわりさせて頂きたいことがあります。
このサイトは、購入商品の写真を、「これでもか!!」と言うくらい載せていますが、
今回は、実際に購入した商品の写真の掲載は自粛させていただきます^^;
なぜなら・・・。
購入したのが、だいぶ前で、もう実際に使用しちゃってるからです!
さすがの私も、「使用中の下着の写真は、ちょっと・・・」と
まだ乙女の恥じらい(笑)をもっているので、
ご了承下さい。


外観チェック

送られてきた物を最初に見た時の印象は
「私が今まで使っていたサニタリーショーツと全然違う!」
でした。

わたしがそれまで使っていたものは、
普通のショーツの真ん中がナイロン(?)というものでした。
でも、DHCのサニタリーショーツ・ボクサータイプは、
全体の生地が薄く、ツルツルしていて、ストッキングのような見た目です。

これにかなりの衝撃を受け、すぐに着たい!という衝動に駆られました。


使用感

実際に着てみると
「めっちゃフィットする!何もつけてないみたい!!」
と、またまたかなりの驚きでした。

体にピタッとフィットはするのに、締め付け感が全く無い
加えて生地も薄く、通気性が抜群なので、
何もつけていないかのような感覚になるのです。
そして、ボクサータイプなので、お尻もお腹もすっぽり包んでくれ、
安心感があります。
その上、ゴム部が幅広のレースなので、体にくいこむことがありません。
普段のショーツよりも着心地がいいくらいです^^

もちろん、これ程のフィット感ですから、
ナプキンを付けても、ゴソゴソするような違和感はなく、
ブルー・ディであることを忘れてしまいそうになるくらいです。

また、
  ・防水布の部分は、ナプキンの羽が折り込める仕様。
  ・表面は消臭綿100%。裏面は、通気性はよいけれど
   水分は通さない透湿フィルムでムレを防ぐ。
という点も気に入っています。


ナプキンとの相性

フィット感がかなりあるので、
  ・普通タイプ
  ・スリムタイプ
  ・夜用
どのナプキンとも、体との間に隙間ができにくく、
量の多い日でも、モレはありません。

ちなみに、私は最近「布ナプキン」を使い始めたのですが、
これとも相性は抜群で、
モレ・ムレともに無く、とても快適にブルー・ディを過ごせています。


洗濯してもへっちゃら!

冒頭にも書いたとおり、もう何度も使用ているので、
もちろん、もう何度も洗濯しています。

でも、伸び・縮みは無いし、レース部のほつれも全く無く、きれいなままです。
お見せできないのが残念ですが・・・。

女性の皆さん、試してみる価値アリ!ですよ^^

投稿者 mika

2006年06月18日

DHCペティコの外観チェック!

さっそく、外箱から見てみましょう。

petiko001.jpg
上から。

Starter's SET(スターターズセット)と書いてあります。

petiko002.jpg
前から

petiko003.jpg
横から。

ペティコ本体と専用美容液3種類のセットの絵が描いてあります。

petiko004.jpg
後ろから。

私は、「DHCペティコ+専用美容液スターターセット」
を購入しました。

DHCペティコや専用美容液は、単独で購入できるのですが、その効果にイマイチ不信感があったので、とりあえずお試しセットを購入することにしました。

内容は、


  • DHCペティコ本体

  • ネックストラップ

  • 専用ポーチ

  • 専用ボックス

  • マイクロカレントスティック

  • リチウム電池(本体にセット済み)

  • 取扱説明書

  • 専用美容液3点セット


の計10点です。

専用美容液は、「スキンクリームローション」「パッティングジェル」「イオンアップ」と、行程によって3種類に分かれています。
(後に詳しくご紹介します。)


で、中身を出して見ますと、こんな感じです。

petiko005.jpg
DHCペティコ+専用美容液スターターセットの中身

専用美容液3点セットは、一つのケースに入ってました。


ペティコはどこに?


初めは、ペティコ本体や付属品類が、適当に梱包されているものだとばっかり思っていたのですが、実はこんな重箱(?)のような入れ物に入っています。

petiko006.jpg

このケースの大きさを、何かわかりやすいモノと比較しようと考え、近くにあったティッシュで比較してみました。

petiko007.jpg

個人的には、少し大きいかなと感じました。

その時、即座に頭に浮かんだのが、
「重さが35gしかないペティコが、何故こんな重箱に?」
という疑問です。

これに関しては、中身を見ると納得する理由がありますので後ほど。


気を取り直して、フタを外してみます。

petiko008.jpg

ちなみにフタは、黒の透明色です。
向こうが透けているのがわかります。
実物は、もっとキレイな色です。

いよいよ登場!あこがれのペティコ

フタを開けたその下には、

petiko009.jpg

これが、ペティコです。


第一印象は、
「とにかく小さい!」
でした。

本当に効果があるのか、疑問に思う程の大きさです。

これまた、ペティコの大きさを比較する良いモノがなかったので、こんなモノで比較してみました。

petiko010.jpg

すみません。
センスのなさが、丸出しです。


ちなみに、色は青とピンクの2種類があります。
一般的には、ピンクを購入する方が多いような気もしたのですが、青色の透明感に惹かれてこっちにしました。

ペティコを取り出すと、

petiko011.jpg

もちろんこんな凹みがあって、

拡大すると、

petiko012.jpg

表面はとてもキレイです。
(クリスタルブルーとでも言うのでしょうか。ちょっとした宝石みたいです。)

ひっくり返すと、

petiko013.jpg

こんな感じです。
左半分を占めているシルバーの部分が、実際に肌と接触する箇所で、専用美容液もここに塗ります。

その右周辺に、5つのライトが点灯する部分があります。
ペティコは、全部で5つ工程があり、それぞれの行程でランプが点灯します。
どの工程なのかが、確認できるという訳です。


重箱の秘密

話は戻りますが、これだけ小さいペティコに、何故大きな重箱(DHCさんごめんなさい)が必要なのかという疑問が残っています。

petiko014.jpg

ちなみに横から見ると、これだけの厚さがあります。


実は、裏には付属品が入っているのです。

petiko015.jpg

入っているのは、
petiko016.jpg
ネックストラップ
専用ポーチ
マイクロカレントスティック
です。

petiko017.jpg

こんな感じになっていたんです。

シンプルなネックストラップ

ネックストラップとペティコ本体は、こんな感じでカチッとつながります。

petiko018.jpg

petiko019.jpg

つなぐと、
petiko020.jpg
こんな感じです。

ネックストラップは、シンプルで長さもちょうど良いです。

ペティコ専用ポーチ

ペティコ専用のポーチも付属しています。

petiko021.jpg

petiko022.jpg
付属品のわりには、肌触りは良い感じです。

普段や旅行の時には、大きな重箱ケースに入れる必要はなく、このポーチで十分です。
付属しているポーチにしては肌触りが良いので、結構お気に入りです。

ポーチにペティコを入れると、こんな感じになります。

petiko023.jpg

ものすごくコンパクトになります。
これなら、旅行にも十分持って行けそうです。

>>次回は、「DHCペティコ 5つのプロセス」を詳しくご紹介します。

投稿者 mika

2006年06月16日

大人気!DHCペティコを試す

あまりの人気のため、数量限定で販売されている憧れの美顔器「DHCペティコ」。


icon
icon
DHCペティコ(美顔器)
icon

ミーハーな私もやっと購入しましたので、早速レポートしたいと思います。

DHCペティコとは

DHCが自信を持って売り出している美顔器。

DHCいわく、
一般的なエステ並の効果を自宅で体験できる。」
とのことで、しかも、価格が1万円以下という魅力的な価格設定です。
さらに、35gの軽量タイプで電池式ですので、旅行などにも便利です。

本当に効果があるの?

よく、DHCの読者レビューに、
「ペティコはすごい!」
「肌が若返りました!」
というコメントが載っているのをよく見かけます。

でも、
「そんな甘い話がある訳ない。」
と思うのは私だけでしょうか?

そんな疑いを持ちながらも、意志の弱い私は、先日DHCペティコを購入してしまいました・・・。


で、購入レポートをご紹介する前に、結論から言いますが、

ペティコ、スゴイです!!(笑)


「肌が若返った」というコメントは少し大げさですが、"肌のハリをものすごく感じる"ようになりました。

これには、半信半疑だった旦那もビックリ。
いわゆる、うさんくさい通販の宣伝ではありません。
(効果には個人差があります。小シワが目立ちにくくなったのは、あくまで私の場合です。)


>>次回は、「ペティコをチェック」をご紹介します。

投稿者 mika

2006年04月28日

DHC国産甘夏マーマレード

今回購入したのは、「DHC国産甘夏マーマレード」です。


先日、「DHC有機いちごジャムを購入!」という試食レポートをご紹介しました。

その中で、

ぜひ、マーマレードのジャムも試してみようと思いました。

とお話していたのですが、有機いちごジャムがあまりにおいしかったので、 今回も待ちきれずに国産甘夏マーマレードを購入してしまいました。
ので、早速試食レポートしてみたいと思います。

国産甘夏マーマレードの概要

有機栽培いちごを100%使用したDHCこだわりの低糖度ジャム。
糖度45%なので、ジャムとしては甘さ控えめです。

国産甘夏マーマレードをチェック!

国産甘夏マーマレードの箱(前)
国産甘夏マーマレードの箱(前)

「国産甘夏」の文字が大きく書いてあります。
甘夏の爽やかな果実感がたっぷりだそうです。


国産甘夏マーマレードの箱(横)
国産甘夏マーマレードの箱(横)

もちろん国産甘夏を100%使用しています。


国産甘夏マーマレードの箱(裏)
国産甘夏マーマレードの箱(裏)

なんと、原材料名は、甘夏と有機砂糖だけです。
スーパーで安く売っているジャムには、聞いたことのない添加物のような成分が、たくさん入っているのとは対照的です。

しかも、有機砂糖を使用。それだけ、自然の甘さに自信があるということでしょうか。


国産甘夏マーマレードの箱(上)
国産甘夏マーマレードの箱(上)

でも、甘さ控えめだそうです・・・。
本当でしょうか?



早速、箱から出してみます。


国産甘夏マーマレード中身
有国産甘夏マーマレード中身

これです。夢にまで見たマーマレード(笑)。
もちろん、マーマレードなんて、近くのスーパーで特売されているモノしか食べたことがありませんので、楽しみで仕方ありません♪


国産甘夏マーマレードを裏から
国産甘夏マーマレードを裏から


裏から見ると、甘夏の果実がたっぷり発見できます。
無理に煮詰めていないようで、傾けると予想以上にサラッとしています。

国産甘夏マーマレードを食す!

ドキドキしながら、国産甘夏マーマレードをパンに塗ってみました。

国産甘夏マーマレードをパンに塗ってみる

ジャムよりも、甘夏の果実の方が多い!
というのが、第一印象です。

甘夏の果実の形が、ハッキリと目に見えます。


食べてみると・・・



これまた、有機いちごジャムの時と同様に、全くと言って良いほど、砂糖の甘さがないんです。
しかも、甘夏の香りと甘さがスゴイです。

確かに甘いのですが、砂糖の甘さというよりは、甘夏の甘さです。
そのため、嫌な砂糖の甘さが口の中に残りません。

これが本当の甘夏なんだ・・・。
と、再認識させられました。

今まで食べていたマーマレードは何だったのかと疑いを持たざるを得ません。

ちなみに、マーマレード独特の苦みが嫌いな、ウチの主人も

「これなら食べられる!」

と太鼓判でした。
ぜひ一度お試し下さい。



DHC国産甘夏マーマレード

糖度45%と甘さひかえめ、甘夏の爽やかなおいしさを楽しめるこだわりのマーマレード
DHC国産甘夏マーマレード icon

投稿者 mika

2006年04月15日

ライビーナ 購入レポート その12

今回は、久々にライビーナネタです。

前回、ライビーナの焼酎割りをご紹介しましたが、今回は、これからの時期においしいビール割りです。

作り方は至ってカンタン。
ライビーナをビールで割るだけです♪


ライビーナビールを作ってみよう!

まず、適量のライビーナを入れます。
コップは清涼感が出るように、透明のグラスをお勧めします。
(色が見える方がおいしそうですので。)

ライビーナの原液を適量入れる
ライビーナの原液を適量入れる


次に、お好みのビールメーカーのビールを注ぎます。
写真は、某メーカーの発泡酒です。

初めは、ドバッと入れて、泡を少し作るのがコツです。

泡を作る
泡を作る


泡ができたら、少しずつビールを足していきます。

ライビーナにビールを入れる
ライビーナにビールを入れる


すると、


ライビーナビールの完成
ライビーナビールの完成


完成です!
キレイな色でしょ?
これが本当のカシスビールです(^_^)。


ライビーナビールの感想

味は、ほんのりライビーナの味というか、カシスの味がします。
現在、ライビーナとビールを混ぜる比率を検討して、好みの味を追求しているところです。

ちなみに、泡もキレイな色に染まります。

泡の色
泡の色

もちろん、ライビーナの黒カシスの色ですので、合成着色料などではありません。


これから暑くなる時期には、たまりません。
是非お試し下さい。


DHCだけの限定発売!
ビタミンCたっぷり、ブラックカラントのヘルシードリンク・ライビーナ
iconicon
ライビーナ(濃縮タイプ) icon

投稿者 mika

2006年04月05日

DHC有機いちごジャム 購入レポート

今回購入したのは、「DHC有機いちごジャム」です。


iconicon
DHC有機いちごジャム icon


有機栽培いちごを100%使用したDHCこだわりの低糖度ジャム。
糖度45%なので、ジャムとしては甘さ控えめです。
トルコ産ミニストロベリーをふんだんに使い、粒そのままのおいしさです。

DHC有機いちごジャムをチェック!

有機いちごジャムの箱(前)
有機いちごジャムの箱(前)

有機いちごジャムの箱(横)
有機いちごジャムの箱(前)

有機いちごジャムの箱(裏)
有機いちごジャムの箱(裏)

有機いちごジャムの箱(上)
有機いちごジャムの箱(上)



早速、箱から出してみます。


有機いちごジャム中身
有機いちごジャム中身

有機いちごジャムを裏から
有機いちごジャムを裏から


ジャムなのに、いちごの粒が見えるんです!
こんなジャム、今まで見たことがありません。

有機いちごジャムを食す!

ドキドキしながら、有機いちごジャムをパンに塗ってみました。

有機いちごジャムをパンに塗ってみる
有機いちごジャムをパンに塗ってみる


「これって、ジャムなの?」
と目を疑うほど、いちごの形がハッキリしています。


食べてみると・・・



全くと言って良いほど、砂糖の甘さがないんです。
しかも、いちごの香りと甘さが口全体にフワーッと広がります

恥ずかしながら、いつもは大きいビンでも300円ぐらいの安いジャムを買っています。
しかし、そんな安いジャムのような砂糖の挿すような甘さがありません

「これがいちごの甘さなんだ・・・」
と、再認識させられました。

今まで食べていたいちごジャムは何だったのかと疑いを持たざるを得ません。

一般的なジャムと比べると若干割高感はありますが、ぜひ一度試してみて下さい。
ジャムのイメージが変わります

ぜひ、マーマレードのジャムも試してみようと思いました。

DHC有機いちごジャム

糖度45%と甘さひかえめ、いちご粒がまるごと入ったこだわりのジャム
iconicon
DHC有機いちごジャム icon

投稿者 mika

2006年03月19日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その2

まず、ケースです。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル裏面

結構綺麗なケースに、丁寧に梱包されています。


箱から出してみると、これまた厳重に梱包されていました。

チロリアンアップル正面を箱から出す
チロリアンアップル正面を箱から出す


どうです?
この堂々たる姿(笑)。
色々なラベルも貼られていて、ものすごく重厚な感じがします。

チロリアンアップル正面
チロリアンアップル正面

チロリアンアップル裏面
チロリアンアップル正面


で、一番印象に残っているのが、この色。

チロリアンアップルの色
チロリアンアップルの色

とにかく綺麗な色です。

すごく濃厚そうなんですが、色が透き通っているんです。
もう、試飲したくてたまりません・・・。


と、いうことで試飲レポートです。

まず、チロリアンアップルの原液を確認。

チロリアンアップル原液
チロリアンアップル原液


チロリアンアップルの原液は、あまーい香りでいっぱいです。
しかも、リンゴの酸味とでも言うのでしょうか。
単に甘いというだけでもないです。

ちなみに、原液をそのままペロッとなめてみると、まさしく"リンゴの砂糖付け"って感じです。
甘いモノ好きな人にお勧めです。



この原液を炭酸水で割ってみました。

チロリアンアップルを炭酸水で割る
チロリアンアップルを炭酸水で割る

原液があまりに甘かったので、

「炭酸水で割っても甘さがしつこくないかな?」

と思っていたのですが、炭酸水で割ると激変します。


確かに甘さはありますが、しつこくなくて、後味爽やかです。
何杯でもいけますので、危うく飲み過ぎるところでした・・・。

この前購入した、ダルボ エルダーフラワー・シロップよりも飲みやすく万人受けすること間違いなしです。


南チロル地方のリンゴを秘伝のレシピでシロップに
iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

投稿者 mika

2006年03月13日

「ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ」購入レポート その1

今回は、ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップを購入しました。

iconicon
ダルボ チロリアンアップル・フルーツシロップ icon

先日、ダルボ エルダーフラワー・シロップの購入レポートをご紹介しましたが、自分の中では割と好評だったので、今回違うシロップを試してみようと思ったのです。

チロリアンアップルとブルベリーのどちらにしようか迷ったのですが、ブルベリーは何となく味が想像できたので、チロリアンアップルにしてみました。

チロリアンアップルのご紹介

世界屈指のリンゴ生産地帯、イタリア南チロル地方で栽培されたリンゴを秘伝のレシピでシロップにしています。

もちろん、作っているのは、オーストリアを代表する自然食品メーカーであるダルボ社です。
100年以上の伝統を持ち、世界中の一流ホテルでも広く使用されていることから、その品質の高さがわかります。


チロリアンアップル・フルーツシロップの最大の特徴は、味に特徴のある3種類のリンゴをブレンドしていることです。

その3種類のリンゴとは、

  • ローマビューティ:日本の紅玉に似ていてやや酸っぱめ。日本ではほとんど栽培されていない。
  • ジョナゴールド:日本でもおなじみのリンゴ、フジより大きめで甘くてジューシー。
  • ゴールデンデリシャス:黄色っぽい色。濃厚な甘さで実はやわらかめ。

です。

天然の甘さだけ、合成香料・着色料・保存料は一切不使用です。
リンゴの濃縮果汁が、原材料のなんと51%を占めます。


次回は、チロリアンアップル・フルーツシロップの写真入り報告をご紹介します。

投稿者 mika